相談の多い病気

ページ一覧

【 気管支喘息(小児喘息を含む) 】と漢方薬による治療

気管支喘息(小児喘息を含む)とは


気管支喘息は気管支の慢性的な炎症によって咳や呼吸困難などを起こす病気です。小児喘息も基本的な病態は同様であり「こども版の気管支喘息」と考えて良いでしょう。気管支喘息における気管支の炎症は主に免疫系の過剰反応によって引き起こされます。このような免疫異常を起こす物質をアレルゲンと呼び、気管支喘息の大きな原因となります。代表的なアレルゲンはダニの屍骸などを含むハウスダスト、そして花粉やカビなどが挙げられます。


気管支喘息を患っている方は程度の差はありますが、常に炎症が起こり患部は敏感となっています。そうなると健康な方では問題にならないような少々の刺激(タバコの煙や運動など)に対しても反応し、咳や息苦しさといった症状が出てしまいます。


気管支喘息を患いやすい方はその他のアレルギー性疾患、たとえばアトピー性皮膚炎、花粉症を含むアレルギー性鼻炎、ジンマシン、食物アレルギーなどを併発しやすいことが知られています。これは気管支喘息が体質的な要因によって引き起こされていることを示唆しています。


気管支喘息(小児喘息を含む)の原因


気管支喘息の大きな原因はアレルゲンによって引き起こされるアレルギー反応です。アレルギー反応が起こると気管支、特に気管支の細い末梢の部分に炎症が起こります。さらに炎症が起こったことで気管支の壁はむくみ、空気の通り道が細くなってしまいます。この状態が気管支喘息特有の呼吸困難や喘鳴(ぜんめい)を引き起こします。


炎症はアレルギー反応の結果として起こるものなので、アレルギー反応が起こっていないときは気管支の壁が狭まることはありません。しかし、何度も炎症を繰り返しているうちに壁が元に戻らなくなり、気管支が細くなっている状態が固定化されてしまいます。この点などが気管支喘息と気管支炎の異なる部分です。


アレルギー反応を起こすアレルゲンには個人差がありますが、ハウスダストは多くの方に共通するアレルゲンといえます。ハウスダストとはその名前の通り室内で発生しやすいゴミのことです。具体的にはダニの死骸や糞、カビ、剥がれた皮膚やフケ、髪の毛、ペットの皮膚や毛、服の繊維、食べ物のカスなどが代表的です。ハウスダスト以外にも花粉や特定の食べ物もアレルゲンとなりえます。


気管支喘息を患っている方はまず、検査で自分が何に対してアレルギーを持っているのか知ることが大切です。特に小児喘息の場合はお子さん自身とご両親だけではなく、周囲の方にもアレルゲンを知ってもらうことが大切となります。


気管支喘息の炎症はアレルゲンによるアレルギー反応以外でも起こることが知られています。具体的にはカゼなどの感染症、精神的ストレスや運動、気候の変化、季節の変わり目、タバコや飲酒などです。気管支喘息を患っている方のすべてがこれらによって症状が悪化するわけではありません。しかし、慢性的な炎症によって些細なことが喘息発作を誘発しやすくしてしまいます。


気管支喘息(小児喘息を含む)の症状


気管支喘息の代表的な症状は咳、呼吸困難、そして喘鳴が挙げられます。これらの症状はアレルゲンの侵入などによって突然激しく起こります。これが喘息発作と呼ばれるものです。


気管支喘息の咳は夜から明け方に起こりやすいという特徴があります。多くの場合、喉のつまり感から始まり喘鳴と呼吸困難が続き、切れにくい痰をともなう咳が起こります。咳と痰はより呼吸困難を後押ししてしまい、深刻化すると血中の酸素濃度が低下し、チアノーゼ(皮膚や唇の青色化)や意識障害に至ってしまうこともあります。

呼吸困難は気管支の壁が炎症によって狭くなり、肺へうまく空気が送れないことで起こります。呼吸困難が悪化すると横になるのがつらくなり、前かがみにならないと呼吸ができなくなってしまいます。


喘鳴とは発作時の「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という独特の呼吸音です。喘鳴は呼吸困難と同じく、スムーズに空気を肺へ送れないことで起こる気管支喘息の特徴的な症状です。


気管支喘息(小児喘息を含む)の西洋医学的治療法


一昔前の西洋医学的治療は狭くなった気管支の壁を拡張することに主眼が置かれていました。しかし、今日では気管支に起こる慢性的な炎症を抑えることがより有効だと明らかになってきました。


そこで現在では炎症を鎮める効果の強い吸入式のステロイド薬が気管支喘息治療の第一選択となっています。この吸入ステロイド薬は使用方法にコツがいるので小児喘息を患っているお子さんはしっかりと練習を行う必要があります。


吸入式のステロイド薬はあくまでも予防的治療であり、発作時の治療には適していません。発作時には呼吸を楽にする気管支拡張薬や服用するタイプのステロイド薬などが使用されます。


気管支喘息(小児喘息を含む)の漢方医学的解釈


漢方の視点からみると気管支喘息の原因は非常に多くの可能性が考えられます。しかし、どのようなタイプの気管支喘息においても根底には気虚と痰飲が関係しています。気虚とは生命エネルギーである気が不足した状態です。そして痰飲とは津液が停滞したことで生まれる有効活用されない水分を指します。


先天的な体質、くわえて過労や食生活の不摂生などによって気が不足してしまうと脾や肺の機能が低下してしまいます。肺に充分な気が供給されないと呼吸に支障が出て咳や呼吸困難が起こりやすくなります。脾のはたらきが悪くなると水分の代謝がうまくゆかなくなり痰飲がたまりやすくなります。脾で生まれたドロドロとした痰飲は徐々に肺にまで侵入し、さらに肺のはたらきを悪くしてしまいます。


元々、肺という臓は呼吸を通じて身体の外と密接につながっているので季節の変化(乾燥や湿気、急激な寒さ)などに敏感です。漢方的な表現をすれば肺は風寒邪(ふうかんじゃ)や燥邪(そうじゃ)といった外邪の悪影響を受けやすい臓といえます。気虚になると外邪を追い払う抵抗力も低下するので、カゼや環境の影響をより受けやすくなってしまいます。


漢方薬を用いた気管支喘息(小児喘息を含む)の治療


漢方薬をもちいた気管支喘息の治療は気虚の改善と痰飲の除去が中心となります。特に気を補い脾の状態を向上させることは痰飲も生まれにくくするので重要です。


咳や呼吸困難にくわえて疲労感が目立つ気虚の方には人参、黄耆、白朮、大棗、甘草などの補気薬、くわえて痰飲を除く半夏、生姜、蘇葉、杏仁、陳皮などの化痰薬を含んだ漢方薬がもちいられます。水っぽい痰が多く出る場合は水分代謝を改善する利水薬、具体的には白朮、蒼朮、沢瀉、猪苓、茯苓などの使用も検討されます。利水作用にくわえて咳を鎮める作用がある麻黄は特に繁用されます。


補気薬や化痰薬などの他に精神的なストレスが強ければ理気薬、冷えが目立てば散寒薬、炎症が強く粘り気の強い痰がでるケースには清熱薬も使用されます。これら以外にも症状や体質に沿ってしっかりと漢方薬を対応させる必要があります。したがって、一般の方が自分に合った漢方薬を独力で選ぶのは非常に困難といえるでしょう。


気管支喘息の改善例


改善例1

患者は30代前半の男性・システムエンジニア。幼少期には小児喘息を患っていましたが、中学校に進学するとそのご症状も自然と消失。しかし、社会人となり精神的なストレスも多くなり、生活リズムも乱れると再び喘息のご症状が現れるようになったという。


くわしくお話を伺うと仕事でストレスを受けると呼吸が深くできなくなり典型的な咳と喘鳴、そして呼吸困難という喘息のご症状が起こりやすくなるという。喘息以外のご症状としては食が細く、慢性的に喉の不快感と重だるさが消えないとのこと。


この方にはストレスを緩和し熱(炎症)を抑える生薬である柴胡、咳を鎮める麻黄、痰飲を除く半夏などから構成される漢方薬を服用して頂きました。それにくわえてストレスの蓄積と喘息はこの方に限らず関連があるので、できる限り睡眠時間の確保とリラックスできる環境を整えるようお願いしました。


漢方薬の服用から3ヵ月が経過した頃には頻繁に起こっていた気管支喘息の咳や息苦しさ、そして喉の不快なつまり感は軽減されていました。一方でこの頃は仕事の繁忙期であったので気を補う人参や白朮などを含む漢方薬に変更しました。その後、繁忙期でも喘息発作が起こることもなく乗り切り、現在も微調整を加えながら体力強化の意味も含めて漢方薬の服用を継続して頂いています。


改善例2

患者は小学校高学年のお子さん。保育園時代に小児喘息と診断され、現在も吸入ステロイド薬をもちいた治療を行っている。基本的にご症状はコントロールされており、大きな発作が起こることはあまりないとのこと。しかし、ちょっと強く運動をしたりカゼを引くと調子を崩してしまうという。胃腸の弱さや体力不足も気になると訴えられるお母さんと一緒にご来局。


よりくわしくご様子を伺うと小児喘息の他に慢性的な疲れやすさ、食の細さ、腹痛や軟便などのご症状があり、さらにカゼを引きやすいご体質で困っていることがわかりました。これらのご症状などからお子さんは気の不足である気虚に陥っていると考えて人参、黄耆、白朮といった気を補う生薬を含んだ漢方薬を服用して頂きました。


漢方薬の味の面も含めてしっかり服用できるか心配しましたが、お母さんから問題なく服用できていると教えて頂きました。服用開始から4ヵ月が経つと、食べられる量が少しずつ増えてきて、横になりたいという訴えが減ってきました。この間は一度だけカゼを引いてしまいましたが、発作はなく過ごせているとのこと。


服用開始から1年が経つ頃には体格も良くなり、胃腸の調子も安定していました。やや乾燥気味だった肌も潤いがついて粉を吹くこともなくなりました。その後も小児喘息の発作だけではなく、カゼや感染性胃腸炎などにもかかることもなく元気に過ごされています。


おわりに


気管支喘息は低年齢層を中心に増加傾向が続いている病気のひとつです。これは改善してきたとはいえ大気汚染などの環境問題が影響していると考えられます。くわえて食生活の乱れ、ストレスの多い長時間労働、睡眠不足、運動不足といった生活上の問題も背景にはあるでしょう。


当薬局には西洋薬を服用してもなかなか改善がみられなかった方がしばしばご来局されます。そして漢方薬を服用し始めてから、症状が好転する方はとても多くいらっしゃいます。このように咳などの症状のみに着目するのではなく、個人の身体面と精神面の両方にアプローチを行う漢方薬は気管支喘息との相性が良いと実感しています。是非一度、気管支喘息にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ