相談の多い病気

ページ一覧

【 アトピー性皮膚炎 】と漢方薬による治療

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は慢性的に回復と悪化を繰り返す炎症を伴った皮膚病です。 一言でアトピー性皮膚炎といってもカサカサした乾燥傾向が強い方からジュクジュクした滲出液に悩まされる方までさまざまです。 痒みが辛い場合もあれば、外観的異常のみでそれほど掻痒感を訴えられない方もいらっしゃいます。

アトピー性皮膚炎は決して珍しい病気ではなく、子どもを中心にしばしばみられます。 諸説ありますが、小学生のおよそ5%程度がアトピー性皮膚炎を患っているというデータもあります。 多くの場合は小学校を卒業するころになると自然に治癒しますが、それ以降も症状が慢性的な経過を辿ることもしばしばです。

そもそも「アトピー(atopy)」とはギリシア語で「奇妙なこと」を意味する「atopia」に由来します。 このことからも昔は「奇妙で得体のしれない皮膚病」と捉えられていたことが分かります。

しかし、今日では免疫が過剰反応することで起こる疾患であり、遺伝的要因なども関連していることが分かっています。 現代西洋医学的にもある程度の治療法が確立されてはいますが、それでも上手くいかない例も多く、現在でもアトピーな部分(奇妙な部分)を残している皮膚病といえるでしょう。


アトピー性皮膚炎の原因

上記でも簡単にふれたとおり、アトピー性皮膚炎は免疫系の異常によって引き起こされていることが分かっています。 特にIgEという免疫抗体がその中心的役割を担っているとされています。

本来ならば大きな問題にならないダニ、カビ、犬や猫のフケや毛、ホコリなどのハウスダスト、 食べ物の成分などに対して大量のIgE抗体が作られてしまい、炎症反応を皮膚で起こしてしまった結果がアトピー性皮膚炎です。

このような反応を起こす物質をアレルゲンと呼びます。 いったい何がアレルゲンになるかは個人差があり、子どもの場合は卵、牛乳、そば、大豆、小麦、米、ピーナッツ、生魚などの一般的な食品もアレルゲンになってしまうこともあります。

原因の他にアトピー性皮膚炎を悪化させる要因もある程度、明らかにされています。 代表的なものに精神的ストレス、過労、睡眠不足、気温や湿度の変化、ウールやポリエステル製の繊維による刺激、 衣服を不潔にしたまま放置する、アルコールや辛い食べ物などの刺激物の摂取、女性の場合は生理不順などが挙げられます。

免疫系の異常はアトピー性皮膚炎の根本的な問題でしたが、アトピー性皮膚炎における現実的な問題はバリア機能と保湿機能を担っている角質層が炎症反応によって傷ついてしまう点にあります。

角質層にはセラミドと呼ばれる保湿作用に優れた物質が存在しますが、角質層の崩壊によって保湿の要であるセラミドまでも失われてしまいます。 アトピー性皮膚炎が回復しにくい理由に皮膚のバリア機能と保湿機能の両方が失われてしまうことが挙げられます。

バリア機能が失われると当然、アレルゲンだけではなく細菌なども侵入して来るので細菌感染が起こりやすくなり一層炎症が起こりやすくなります。 保湿機能も失われると皮膚は乾燥して、ちょっとした刺激にも反応してしまう過敏な状態になってしまい痒みが生じます。 ここで皮膚を掻いてしまうとさらに角質層を傷つけるという悪循環に陥ってしまうのです。


アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状は何といっても辛い皮膚の痒みです。患部は赤く乾燥した状態が多く、手、腕や膝の裏側、首など頻繁に動かされる部分に起こりやすいです。 しかしながら、アトピー性皮膚炎の症状は全身どこにでも起こりえるものであり、左右対称に発症しやすいという特徴があります。

アトピー性皮膚炎の症状はその辛い痒みだけではありません。 外観的に患部が目立つ場合も多く、他人の視線が過度に気になってしまう結果、 引っ込みがちになってしまったり自分に自信が持てなくなってしまうなどの問題も生じてしまいます。


アトピー性皮膚炎の西洋医学的治療法

治療法は経口薬と外用薬の使用に大きく分けられます。 経口薬は主にアレルゲンに対する過剰なアレルギー反応を抑制するものであり、外用薬は同じくアレルギー反応抑制と保湿を目的とされます。

経口薬は抗ヒスタミン薬であるクロルフェニラミン(主な商品名:ポララミン)、抗アレルギー薬であるオキサトミド(主な商品名:セルテクト)、 オロパタジン(主な商品名:アレロック)、エバスチン(主な商品名:エバステル)などが主に用いられます。 これらは炎症を助長するヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターの働きを抑制することで症状を緩和させます。

外用薬において中心的な役割を担っているのはステロイド薬です。ステロイド薬は最強の免疫抑制作用を持っており、患部の炎症を抑制します。 実際にはステロイドの強さにはランクがあり、症状にあわせて調節されます。

近年、非ステロイド系の免疫抑制薬であるタクロリムス(主な商品名:プロトピック)軟膏も使用されています。 その他にも保湿作用に優れているヘパリン類似物(主な商品名:ヒルドイド)を有効成分とする軟膏が広く用いられています。

これらの薬は基本的に対処療法ではありますが、しっかりと服用すれば症状を緩和することが可能です。 その一方でアトピー性皮膚炎治療の主薬であるステロイド薬は感染症にかかりやすくなったり皮膚が薄紙状になってしまうなどの副作用も起こりやすいので慎重な使用が求められます。


アトピー性皮膚炎の漢方医学的解釈

アトピー性皮膚炎の症状は皮膚(角質層)の乾燥と炎症による辛い痒みでした。漢方医学的にこのような症状は皮膚の栄養不足によって起こると考えます。 そして、皮膚を含めて全身を栄養して健康を維持するのは血(けつ)の働きに寄ります。この血がアトピー性皮膚炎治療のポイントになります。

漢方医学的にアトピー性皮膚炎を考えた場合、何らかの原因によって血が消耗して、皮膚への栄養が滞ってしまいます。 そうすると皮膚の栄養状態は悪化し、カサカサとした乾燥肌になってしまいます。

血(けつ)は陰(いん)の性格を持ち、陽(よう)を抑制しています。 簡単にいえば血が冷却水のように働き、適度に身体内の熱をコントロールしているのです。 しかしながら、血の不足(「血虚」と呼びます)に陥ってしまうとこの熱をコントロールできなくなってしまいます。この状態を陰虚火旺(いんきょかおう)と呼びます。

さらに陽(熱)が優勢になってしまうと風(ふう)が発生します。これを血虚生風(けっきょせいふう)と呼びます。 イメージとしては熱気球を飛ばすためにバーナーで火を焚くと強い風(かぜ)が起こる感じです。

風(ふう)はしばしば身体に痒み、特に風(かぜ)のようにあちらこちらに素早く患部が移動してしまうような痒みを起こします。 アトピー性皮膚炎の典型的な症状である皮膚の乾燥は血虚、炎症などの熱性症状は陰虚火旺、痒みは血虚生風によって起こることが多いです。

しかし、そもそも全ての発火点である血虚はなぜ起こってしまったのかを考える必要もあります。 血虚の原因はさまざまですが精神的ストレス、過労、睡眠不足、食欲不振や虚弱体質などが挙げられます。

これらのなかで食欲不振や虚弱体質は気虚(ききょ)と呼ばれる症状にもあたります。気虚のイメージとしては元気が不足している状態というのが一番わかりやすいでしょう。 気は血の原材料でもあり、気が不足すると必然的に血も不足し血虚の状態に進んでしまうのです。

さらに精神的ストレス(これを肝気鬱結(かんきうっけつ)と呼びます)は身体に強い負荷を強いることで血を消耗することが知られているので十分な注意が必要です。

(より詳しい漢方用語はこちらをご参照ください)




漢方薬を用いたアトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の発火点は血虚によるものでしたから、血を補う漢方薬である補血剤が治療において中心的な役割を担います。 補血剤は主に熟地黄、当帰、芍薬、阿膠、何首烏などの生薬から構成されます。

その他に陰虚火旺を鎮めるために黄連、黄ゴン、黄柏、山梔子、知母、石膏などの清熱薬も併用されます。 清熱薬の多くは炎症を抑える働きも持っているのでアトピー性皮膚炎治療には不可欠です。 補血剤を用いても皮膚の栄養状態や乾燥状態がうまく改善しない場合は麦門冬、天門冬など潤いをもたらす補陰薬の使用も検討されます。

痒みを抑えるためには風を鎮める生薬である防風、荊芥、薄荷、シツ藜子、蝉退などの去風薬が用いられます。 アトピー性皮膚炎には辛い痒みが伴うので、去風薬と上記の清熱薬の組合せは非常に重要です。

上記の他にも肝気鬱結(精神的ストレス)が顕著ならば柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子などの気の流れを改善する生薬(理気薬)が加えられます。

食欲不振や体力不足などの気虚症状があるようならば人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などの補気薬も必要です。 なかなか補気薬はアトピー性皮膚炎治療の中心的存在にはなりにくいですが、血の不足が深刻な場合は血と気を同時に補うと効果的に治療ができます。 したがって、補気薬もまたアトピー性皮膚炎治療には欠かせません。

これら以外にもアトピー性皮膚炎は複合的な疾患なので臨機応変に漢方薬を対応させる必要があります。 したがって、実際に調合する漢方薬の内容もさまざまに変化してゆきますので、一般の方が自分に合った漢方薬を独力で選ぶのは非常に困難といえるでしょう。


生活面での注意点と改善案

アトピー性皮膚炎においては生活面での対応が非常に重要です。そのなかでもスキンケア、食生活などはその中心を担っています。

スキンケア

しばしば指摘されるように入浴によって皮膚の汚れ(アレルゲンや皮膚から出る老廃物)をしっかり洗い流す必要があります。 しかし、この「しっかり」がポイントです。 アトピー性皮膚炎では角質層が破壊されている点が問題でしたが、 ゴシゴシと強く洗ってしまうとより角質層を傷つけてしまうので絶対に避けるべきです。

石鹸の泡でなでるように洗いましょう。入浴後は十分に保湿クリームやローションを塗ることが大切です。 可能ならばお風呂から出てから5分以内が良いとされています。これは温かい水分は素早く皮膚から逃げてしまうからです。

クリームやローションの量は感覚的には少しべたつくくらいが適量といわれています。 より具体的にはクリームの場合、人差し指の第一関節までクリームを出し、それを手のひら2枚分の面積を目安に塗りましょう。 ローションの場合は500円玉くらいの量でやはり手のひら2枚分の面積が目安です。


紫外線対策

保湿の他にも夏場は紫外線によるダメージも見逃せません。ここで問題になってくるのがどのようにして紫外線を防ぐかです。 結論としては可能な限り衣服や帽子で紫外線を防ぐのが一番です。

日焼け止めはたしかに紫外線を防いでくれるのですが、保湿剤とは違って基本的には肌に有害な物質を含んでいるので可能な限り、 使用しないのが賢明でしょう。患部に塗るのは絶対に避けるべきです。

食事

スキンケアと同じくらい食生活の改善も重要です。 味付けが濃い、辛みが強い、脂肪分の多い食事は身体内に熱を生じやすくしてしまいます。 そうなると掻痒感や炎症が助長されてしまいますので控えめにしましょう。

過剰な水分、特に冷えた清涼飲料水の摂り過ぎは脾胃(消化器)の働きを鈍くしてしまうので注意が必要です。 脾胃は血や気の「製造工場」になりますので、脾胃が弱まってしまうと血虚や気虚におちいりやすくなってしまいます。

食事のポイントとしては和食中心に腹八分目が質的にも量的にも良いでしょう。 そうはいっても味の濃いものや辛いものも食べたくなるのが人間です。 これらは「食べてはいけないもの」ではなく「食べ過ぎてはいけないもの」ですので、やや控えめな量で他の食品と併せて食べることは問題ありません。 冷えたアイスクリームなども温かいお茶と一緒に食べるなどの工夫をして頂ければと思います。

その他の注意点

寝ている時など無意識に皮膚を掻いてしまうことを防ぐのは非常に難しいです。 そこで創傷を防止するためにあまり爪を長く伸ばさず、掻いても皮膚を傷つけない状態にしておくことも有効です。 他にも手から患部に細菌が移らないように、常に手は清潔にしておくことも大切です。

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因であるストレスを溜めないことは重要です。 その一方でこれは非常に難しい課題ともいえます。 そこでストレス軽減の具体策としては睡眠時間と休日をしっかりと確保することといえます。 睡眠不足や過労によって蓄積した疲労は皮膚を乾燥させてしまう血虚に繋がってしまいます。

アレルゲンの除去はアレルギー反応を未然に防ぐ意味でも不可欠です。 アレルゲンを探し出す検査でどのような物質に過敏に反応しやすいかを知っておけば症状の悪化を未然に防ぐことができます。

過去に来局された方で掃除をするたびに症状が悪化するという方がいらっしゃいました。 その方はハウスダストにアレルギーがあったので積極的に掃除をしていたのですが、結果として掃除機の排気で舞い上がったホコリに反応してしまったようです。 後にマスクを着けながら掃除をしたら症状が悪化しなくなったとのことでした。


アトピー性皮膚炎の改善例

改善例1

患者は30代前半の男性・会社員。幼い頃から鼻炎や喘息を持病としており、現在は四肢の関節部分を中心とした乾燥を伴うアトピー性皮膚炎に悩まされていました。 皮膚科に通って保湿剤とステロイド剤を処方されており、使用すると症状は落ち着くも根本的に体質改善したいと考えて当薬局にご来局。 体格は中肉中背であるが、顔色が悪く黒ずんだ色をしていました。患部は赤みを伴い、かゆみも強く、寝ているうちに無意識にかきむしってしまうという。

この方には潤いをつける生薬である地黄、血の力を増し皮膚を栄養する当帰、炎症を抑える黄連や山梔子などから構成される漢方薬を服用して頂きました。 そして、患部には皮膚の再生作用を促進する紫根を含む外用薬を塗って頂くことにしました。

それにくわえて冷えた飲み物や食べ物、乳製品、糖分や脂肪分を多量に含んだものの摂取は控えるようアドバイス。 これは潤いをもたらす血や津液を生み出す脾胃の負担を軽減するためです。

漢方薬を服用して4ヵ月ぐらいが経過した頃、乾燥によって剥がれおちてしまう皮膚の面積が目に見えて小さくなってきました。 かゆみも赤みの減退と一緒に徐々に軽減されてきたとのこと。しかしながら、アトピー性皮膚炎は他の疾患以上に油断できないので、継続の服用をお願いしました。

それから真夏の時期に多く汗をかくなどして一時的に悪化しましたが、季節が落ち着いてくる頃には外見的にもご本人の主観的にも症状はかなり改善されました。 現在もかゆみが増せば荊芥や連翹、乾燥が進めば麦門冬などを含む漢方薬に微調整を続けながら安定した状態を保っています。

改善例2

患者は20代後半の女性・司法書士。昔から四肢の関節や首まわりにジュクジュクした湿疹ができやすく、特に夏場はひどくなる。 皮膚科でステロイド剤を処方されていたが症状はなかなか緩和しなかった。

仕事の営業活動で夏場も外に出ることが多く、汗をかくと症状は一層悪化。 疲労感や倦怠感も徐々に増して、このままでは仕事だけではなく日常生活にも支障が出ると悩み、当薬局にご来局。

皮膚の症状は典型的な湿潤を伴うアトピー性皮膚炎であり、症状も重かったため、根気強く生活改善と漢方薬の服用をお願いしました。 この方の場合、皮膚の状態は湿度が高くなると悪化することを受けて、身体における水のバランスを整えることに重点を置きました。

それと同時にかゆみと皮膚表面に熱感を伴っているので、熱を抑えることも考慮する必要がありました。 そして、ストレスと皮膚は意外にも密接な関連性があるので睡眠時間の確保や過剰な労働は繁忙期を除いて控えて頂くようアドバイス。 食事も外食が多いということなので、外食でもできるだけ和食を摂るように伝えました。

患っている期間が長かった分、治療は難航しましたが服用から約半年が経った頃には「服に血はつかなくなったし、かゆみも楽になった」とおっしゃっていだけました。 ある程度、アトピー性皮膚炎の症状が沈静化してきた頃、胃腸が弱く元気がない点が病気の根本的な原因と定め、人参や黄耆などから構成される漢方薬にスイッチ。

これは胃腸から作られる気は血や津液の源であり、それらの不足がアトピー性皮膚炎としてあらわれたと考えられるからです。 漢方薬に変化を加えだしてからまた半年が経った頃にはジュクジュクしていた皮膚も湿潤を伴わない薄い皮膚に変わっていました。

かゆみもピークの1/5程度とのこと。その後は皮膚を栄養する血などに重点を置いた漢方薬にシフトするなどして現在にいたっています。 皮膚の抵抗力もついたためか毎年ひいていた風邪にもかからなくなったとのこと。

改善例3

患者は30代後半の女性・学芸員。以前から乾燥肌でしたがあまり気にせずに過ごしていた。 しかし、数年前の冬に強いかゆみにおそわれ皮膚科を受診。そこで初めてアトピー性皮膚炎と診断され、保湿を中心とした塗り薬が処方されました。 それからは真面目に保湿を行ってもなかなか症状が落ち着かなかったので当薬局にご来局。

皮膚の状態は訴えの通り、乾燥してやや粉をふいたような状態でしたが皮膚が脱落したりジュクジュクしたりするような外見的な異常はあまり感じられませんでした。 肌以外の症状としては貧血があるくらい。 この方の症状は血が不足することによって起こる皮膚の栄養不足と潤い不足と考えて、血を補う当帰、地黄、何首烏、かゆみを抑える荊芥などから構成される漢方薬を服用して頂きました。

漢方薬を服用し始めて5ヵ月が経過する頃には皮膚のカサカサ感も薄らぎ、やや薄黒かった肌の色も薄いピンク色になってきました。 これは血が補われ、さらに血の流れも改善したからと考えられました。

そして、一番の問題であったかゆみも、貧血による立ちくらみや頭重感と一緒にきれいに鎮まってきました。 現在は貧血防止・体力保持を目的として上記の漢方薬に微調節をくわえた形で継続的に服用を続けて頂いています。


おわりに

アトピー性皮膚炎を患っている方の多くは長年の間、その症状に苦しめられています。 当薬局にいらっしゃる方の中にも「症状は生まれた時から」というケースもしばしばです。

漢方薬による治療も一朝一夕にはゆきません。 さらに漢方薬「のみ」でこの病気に立ち向かうのは難しいと言わざるをえません。 しかし漢方薬、西洋薬、そして生活習慣の改善という「総力戦」で症状を改善される方もとても多くいらっしゃいます。

当薬局では西洋薬だけを使用してもなかなか改善が見られなかった方がしばしばご来局されます。 そして漢方薬を服用し始めてから、症状が好転する方をみているとアトピー性皮膚炎と漢方薬は「相性」が良いと実感しています。 是非一度、アトピー性皮膚炎にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ