相談の多い病気

ページ一覧

【 腰痛(坐骨神経痛などを含む) 】と漢方薬による治療

腰痛とは

つらい腰の痛みは老若男女問わず、誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 実際、日本において腰痛は最も多い病気の一つといわれています。 しかし、腰痛と一言で表現してもその内容は腰の筋肉の捻挫から疲労骨折まで多彩です。 本ページではそのなかでも慢性的に続いている腰痛について解説してゆきます。




腰痛の原因と症状

ここではよく見られる腰痛の原因別に症状の特徴などを解説してゆきます。


姿勢の悪さによって起こる腰痛

机に向かってパソコンを扱う仕事が多い今日の日本において、姿勢の悪さはなかなか避けられないかもしれません。 そもそも、良い姿勢とは背骨が縦に緩やかにS字カーブを描いている状態です。 猫背や腰が反り過ぎているとS字カーブは描けず、腰椎(背骨の下部、腰のあたりの背骨です)付近の筋肉や靭帯が疲労して痛みが生じてしまいます。



ぎっくり腰(急性腰痛症)

腰痛で最も有名なのはこのぎっくり腰ではないでしょうか。 医学的には急性腰痛症、欧米では「魔女の一撃」とも表現されます。 ぎっくり腰は腰を使った急な動き(重いものを一気に持ち上げる、バットを思いっきり振るなど)によって腰の筋肉や靭帯に起こる捻挫とされます。 捻挫が起こった部分には炎症が起こり、つらい痛みが発生します。



坐骨神経痛

 坐骨神経痛もぎっくり腰と並んで腰痛の代表格ともいえる存在ですが、これは症状に対する名前であって病名ではありません。 坐骨神経痛はなんらかの原因で坐骨神経が刺激されて起こる痛みの総称です。 したがって、下記で解説している椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などを含めた腰痛をまとめて「坐骨神経痛」としています。 坐骨神経とは腰から足にまで続く長い神経であり、坐骨神経痛を患うと神経に沿って下肢にしびれや麻痺が生じるという特徴があります。



椎間板ヘルニア

腰椎を構成する椎骨(ついこつ)と椎骨の間にはクッション材の役割を担っている椎間板が存在します。 椎間板ヘルニアはこの椎間板が何らかの原因で飛び出してしまい、神経を圧迫することで痛みが生じます。 椎間板ヘルニアの特徴としては神経圧迫によって起こる下肢のしびれや麻痺を伴う点です。 椎間板ヘルニアはしばしば高齢者の病気と思われがちですが、若い方が重い荷物を急に持ち上げた際などにも起こります。



脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱とは簡単にいえば背骨のことです。この脊柱の中には脊柱管という空洞があり、そこには馬尾(ばび)などの神経や靭帯が収められています。 狭窄とは狭くなることです。したがって、脊柱管狭窄症は脊柱管の空洞が狭くなって起こる腰痛ということになります。 より詳しく説明すると、主に加齢によって椎間板が弱くなったり、靭帯の弾力性が低下したりすると徐々に脊柱管が狭くなってしまいます。 そして、脊柱管が狭くなったことで、そのなかに収められていた神経が圧迫され、痛みが生じるのが脊柱管狭窄症です。 椎間板ヘルニアと同じように腰痛だけではなく下肢のしびれや麻痺が特徴です。



腰椎変性すべり症

しばしば略されて「すべり症」と呼ばれます。 その名の通り、椎間板というクッション材を挟んで積み上がっている腰椎同士がすべるようにずれてしまう病気です。 多くは腰椎が前にすべってしまい、脊柱管内に収められている神経が圧迫されることで腰痛が起こります。 脊柱管狭窄症と同様に加齢によって起こりやすくなる腰痛の一つです。



圧迫骨折

加齢によって骨密度が減少する病気を骨粗鬆症(こつそしょうしょう)といいます。 椎骨は特に骨粗鬆症を患いやすく、圧迫骨折が起こりやすい部分とされています。 椎骨の圧迫骨折による腰痛は背中の中央部から上にかけて発生しやすい特徴もあります。




腰痛の西洋医学的治療法

西洋医学的な治療はその原因によって大きく異なりますが、多くの場合に対して非ステロイド性消炎鎮痛薬の貼り薬が用いられます。 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などには貼り薬や飲み薬の鎮痛薬を用いて痛みを抑えつつ運動療法で改善を目指します。

下肢のしびれなどの神経障害が顕著な場合は手術が選択されます。 骨粗鬆症による圧迫骨折に対しては手術の他にカルシウムやビタミンDを使用して骨形成を促します。

広く用いられている飲み薬の非ステロイド性消炎鎮痛薬は痛みを取り除く力に優れている反面、 高い割合で胃腸障害の副作用を起こすことが知られています。長期服用している場合は胃潰瘍や十二指腸潰瘍に注意する必要があります。 「生活面での注意と改善案」でより詳しく解説しますが、腰痛に対しては適度な運動(特に腹筋を鍛えるような運動)が非常に重要です。 過度に腰痛を気にするあまり、横になってばかりいると筋肉が弱まり回復を遅らせてしまうこともあります。


腰痛の漢方医学的解釈

漢方医学的に見ても腰痛の原因はいくつか考えられます。 そのなかでも頻繁に遭遇するのが血液の滞りであるオケツが関与しているもの、 うまく利用されていない水の塊である痰湿(たんしつ)が関与しているもの、そして加齢に伴う腎虚(じんきょ)が関与しているものです。

漢方医学的に痛みが起こるメカニズムは、身体の機能維持や活動に不可欠な気の流れがせき止められた場合に発生すると考えます。 オケツの場合、血の流れの滞りが気の流れまでも悪くしてしまった結果、痛みが起こるとされています。 腰痛以外にも生理痛などの刺すような鋭い痛みはオケツが絡んでいることが多いです。 高血圧、静脈瘤、多発するアザ、生理痛、顔色の黒色化などが見られるようならばオケツの存在を疑うべきです。

痰湿の場合も痛みが発生する考え方はオケツの場合と同じです。 何らかの原因で痰湿が発生してしまうとそれが気の流れを悪くして痛みを発生させます。 オケツの痛みと違って痰湿が絡んだ痛みは鈍く重いという特徴があります。 しばしば、夏場の高温多湿な状態で悪化する腰痛や関節リウマチなどは痰湿が絡んでいるケースが多いです。

そして、腎虚とは現代風にいえば加齢によって起こる諸症状の原因とされます。 腎虚になると腰痛以外にも足腰の弱り、下肢の冷え、歩行障害、排尿障害などの症状が引き起こされます。 腎虚由来の痛みはマッサージや温めることで一時的に回復しやすい傾向があります。


 

漢方薬を用いた腰痛の治療

上記で示した、オケツ、痰湿、そして腎虚に対応した漢方薬を使用することになります。 しかし、多くの場合はこれらが重なり合っている場合がほとんどなので臨機応変な対応が必要になります。

まず、気の流れを防いでいたオケツを除去するために血液の流れを促す生薬(活血薬)である当帰、芍薬、川キュウ、牡丹皮、紅花、田七人参、延胡索が使用されます。 これらに加えて気の流れ自体を促す生薬(理気薬)である柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子も併用されます。

痰湿が気の流れを止めているなら、痰湿を除去する生薬(化痰薬)である半夏、陳皮、橘皮、竹茹、生姜が使用されます。 痰湿はしばしば脾胃(消化器)の不調が原因で生まれやすいので、脾胃を立て直す人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などの補気薬も併せて用いられることが多いです。

腎虚による腰痛の場合、腎の気を補う生薬(補腎薬)である熟地黄、鹿茸、山茱萸、山薬などが用いられます。 下肢の冷えなどが顕著な場合は身体を温める作用に優れている桂皮、乾姜、細辛、呉茱萸、附子などの散寒薬も追加されます。 患部を含めた身体を温めることによってオケツや痰湿も取り除きやすくなるので、腰痛に不可欠な生薬たちです。

これら以外にも主訴や体質が微妙に異なる場合はそれに合わせて漢方薬を対応させる必要があります。 したがって、実際に調合する漢方薬の内容もさまざまに変化してゆきますので、 一般の方が自分に合った漢方薬を独力で選ぶのは非常に困難といえるでしょう。


 

生活面での注意点と改善案

腰痛が発生した直後、つまり急性期は基本的に患部を冷やして安静にすることが基本です。 しかし、慢性になった腰痛に関しては患部を温めて軽い運動をすることで症状の緩和に繋がります。 運動や日常生活の動きとしては、腰に負担をかけやすい深いお辞儀をするような大きく前かがみになる姿勢は避けるべきです。 しかし、逆にいえばそれ以外の運動はそれほど問題になりません。

むしろ、家事やウォーキングといった軽運動は筋肉が硬直化するのを防ぐためにも積極的に行うべきです。 普段から正しい姿勢を意識することも大切です。直立姿勢の場合、頭が腰より前に出ている猫背の姿勢や、腰が反り過ぎてお腹が出ている姿勢は要注意です。 耳、手の指先、かかとが地面に対して垂直に一直線上に並ぶ姿勢を意識しましょう。 机に向かってパソコンなどを使う仕事を長時間する場合、頭部が首の骨の上にまっすぐ「載っている」状態を意識しましょう。 頭部が前のめりになると腰痛だけではなくつらい肩凝りの原因にもなります。


腰痛の改善例

改善例1

患者は30代前半の男性・建築士。学生時代などは腰痛と無縁の生活を送っていたが建築士の仕事を始めた頃から 慢性的な腰痛に悩まされてきた。病院を受診しても明確な原因は不明。建築士という仕事柄、椅子に長時間座った体勢が悪いと考え 適度な運動や色々なタイプの椅子を試してみるも効果は出なかった。徐々に症状は悪化し30代になった頃には立ち上がるたびに 針を刺し込まれたような痛みが出るようになってしまったという。

詳しくお話を伺うと確かに腰痛以外の症状はなく、ご自身でもストレッチなどの適度な運動も積極的に行っていた。 この方にはまず、筋肉の緊張を取り除く芍薬を中心に血流を改善する牡丹皮や延胡索を含む漢方薬を服用して頂きました。 服用から2ヵ月が経過した頃には以前よりも楽になったが、やはり辛い痛みは残っているとのこと。 この頃、建築士として独立開業した頃から腰痛は特に悪化したというお話を伺いました。営業、設計、そして会計などまで 一人でやらなければならないことに強いストレスを感じているともおっしゃっていました。

このお話を受けて痛みの原因はストレスによる気の流れの滞りと考え柴胡や厚朴といった気の流れを改善する生薬を 含んだ漢方薬を併用して頂きました。新しい漢方薬の組み合わせにしてから約4ヵ月がたった頃には痛みは半分以下になり 痛み自体が出る頻度も大幅に減少していました。痛みが緩和したことでストレスも軽減され、充分な睡眠もとれるようになった ことも良い循環に繋がっていると感じました。この方は徐々に気の流れを緩和する漢方薬のみで痛みがコントロールできるようになったので その漢方薬を柱に現在も服用を継続されています。


改善例2

患者は60代前半の男性・税理士。50代前半に腰椎変性すべり症を発症して以来、腰痛と左足のしびれに悩まされていた。 病院の治療で仕事ができるまでに回復はしたが冬になると痛みは強くなりとても辛いという。

詳しくお話を伺うと痛みは冷えによって悪くなり、温かいお風呂に入ると少し良くなるという。それ以外にも しびれと頻尿が強く、腰痛だけではなく腰の重さも目立つとのこと。これらのご症状からこの方の腰痛には腎虚が強く関与していると 考えて、腎虚を回復する地黄や鹿茸を中心に身体を温める生薬を含む漢方薬を服用して頂きました。 一般的に加齢とともに腎虚の症状は悪化しやすいので、まずは根気強い漢方薬の服用も併せてお願いしました。

漢方薬を服用し始めて4ヵ月が経った頃には下肢の冷えはだいぶ緩和して、厚着をして蒸れることも無くなったと喜ばれました。 痛みは依然として残っているとのことでしたが、しびれも含めて回復を感じられるとおっしゃられました。この年の冬は寒さが 厳しかったので身体を温める生薬を追加するなどして微調整を行いました。それから半年強が経過した頃には 腰痛の症状が大きく改善して登山に行けるまでになっていました。夜間尿の回数も明け方の1回だけになり睡眠も 充分にとれているとのこと。しびれ感も下肢の冷えの緩和とともに気にならなくなっていました。

腎虚を回復する漢方薬はいわば「抗老化薬」といえるものなのでこの方には強く継続をすすめて、現在も 季節などを考慮しながら微調節を行いつつ服用して頂いています。腎虚には老化によって起こる諸症状(この方のような 腰痛や腰の重み、冷え、頻尿、その他にも体力の低下や視力や聴力の低下など)が含まれているので それを回復する漢方薬は、そのひとつで多くの症状を改善することが期待できます。


おわりに

近年、腰痛を患われている方がとても多くなった印象を受けます。 やはりストレス社会と呼ばれる多忙な今日の世相を反映しているのかもしれません。 漢方薬は西洋薬では対応しきれないより根本的な原因に対応することができるものです。 当薬局では西洋薬を服用してもなかなか改善が見られなかった方がしばしば来局されます。 そして漢方薬を服用し始めてから、症状が好転する方がとても多くいらっしゃることから、腰痛と漢方薬は「相性」が良いと実感しています。 是非一度、腰痛にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

 

このページの先頭へ