相談の多い病気

ページ一覧

【 むずむず脚症候群 】と漢方薬による治療

むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群は主に安静にしている時に脚に漠然とした不快感を覚える病気です。 その不快感がまるで「虫がむずむずと脚を這っているように感じる」ことからむずむず脚症候群と呼ばれています。 「虫が這っている」という表現以外にも痛み、痒み、ほてりと感じる場合もあり、どのように感じられるかはかなり個人差があるようです。 むずむず脚症候群という呼び名以外にもrestless legs syndrome(レストレスレッグシンドローム)の頭文字をとってRLS、 その直訳として下肢静止不能症候群と呼ばれることもあります。

むずむず脚症候群の不快症状は夕方から夜にかけて起こりやすいという特徴があり、その影響で不眠症を発症しやすいといわれています。 一方で歩いたり運動をしている時は不快感よりも能動的に行っている運動の感覚が勝り、あまり不快症状が気にならなくなるという特徴もあります。 その他にも男性より女性が罹りやすく、年齢が上がると発症しやすくなることが明らかになっています。


むずむず脚症候群の西洋医学的治療法

むずむず脚症候群の明確な原因はまだ解明されていませんが、神経伝達物質のドパミンや鉄分の不足が関与しているという説が有力です。 したがって、ドパミンのような働きをするドパミンアゴニストが治療薬として用いられます。他にも積極的に鉄分を摂取することが有効です。




むずむず脚症候群の漢方医学的解釈

むずむず脚症候群による知覚異常の症状は漢方医学的に風(ふう)によるものと考えられます。 風は知覚異常の他にしびれ、けいれん、痒みなど変化に富んだ非固定性の異常を引き起こすとされています。 特にむずむず脚症候群の場合は陰虚内風が深く関与しているといえます。

陰虚とは血や津液が不足している状態であり、相対的に陽が優勢になっている病的な状態です。 陽が優勢になることで虚熱が発生し、そこから内風が起こり知覚異常を引き起こしたと考えられます。 風が発生するイメージとしては熱気球を膨らますために火をおこすと空気が膨張(空気の流れが生まれて風も生まれる)するといった感じでしょうか。 むずむず脚症候群と併発しやすいイライラ感や不眠症、身体の熱感やほてり感などの諸症状は虚熱によるものと考えられます。




漢方薬を用いたむずむず脚症候群の治療

むずむず脚症候群を引き起こしていると考えられる陰虚内風を治療するためには陰(血や津液)を積極的に補う必要があります。 血を補う生薬(補血薬)には熟地黄、当帰、芍薬、阿膠、酸棗仁、竜眼肉などが代表的です。 特に酸棗仁や竜眼肉は穏やかな鎮静作用もあるのでイライラ感や不眠症も併発している場合は特に有効です。 ほてり感や熱感が強い場合は津液を補う生薬(補陰薬)には麦門冬、天門冬、生地黄などを使用するのが効果的です。 これら根治療法的な考慮に加えて、風をより直接的に抑える生薬(去風薬)である防風、荊芥、薄荷も加えられます。 このようにむずむず脚症候群には根治療法と対処療法のバランスをうまくとりながら治療する必要があるでしょう。




むずむず脚症候群の改善例

患者は50代前半の電気設備工事業を営む男性。40の後半ごろから脚がピリピリするような違和感を覚えていたが痛むわけでもないのでそのまま放置していた。 しかし、徐々にピリピリ感が目立ち始めたので脳梗塞などの病気ではないか不安になり病院を受診。 そこではじめてむずむず脚症候群と診断された。病院からは抗不安薬を処方されたものの、仕事中に眠気とふらつきが出てしまうので今は何も服用していないとのこと。 詳しくご症状を伺うとピリピリ感以外には違和感のために寝つきが悪くなり気分も沈んでしまっているという。

この方には血を補う生薬(補血薬)であり、不眠傾向も改善できる酸棗仁、竜眼肉、風を取り除く生薬(去風薬) である防風、荊芥、シツ藜子などから構成される漢方薬を服用して頂きました。 この漢方薬を服用してから4ヵ月が経過した頃、ピリピリ感は徐々に弱くなり仕事や睡眠前でも意識しなければあまり気にならなくなってきたとのこと。 この方は漢方薬を服用していると全体的に体調も良いということもあり、現在も継続して服用されています。




おわりに

近年、むずむず脚症候群は新たな疾患として注目を浴びていますがその症状自体を訴えられる方は当薬局にも以前からしばしばいらっしゃいました。 そしてむずむず脚症候群のことを指していると思われる古い文献も多数見受けられます。 それらを駆使して当薬局ではむずむず脚症候群の症状が漢方薬の服用によって好転する方がとても多くいらっしゃることから、 むずむず脚症候群と漢方薬とは「相性」が良いと実感しています。是非一度、お悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ