東京有数の老舗漢方薬局です。ベテラン薬剤師がご症状を伺い漢方薬を調合いたします。東京、埼玉県、神奈川県、千葉県を中心に全国からも多数ご来局頂いております。
一二三堂薬局 - 創業大正八年の老舗の漢方薬局
一二三堂薬局 03-3971-2316[定休日]水曜・日曜・祝日[予約優先日]土曜日 ●営業時間は【 10時~19時 】となります。●初回の方は【 18時まで 】にご来局ください。●ご予約は上記の電話番号で承っております。
  • HOME
  • 一二三堂薬局について
  • 漢方相談の流れ
  • 相談の多い病気
  • 漢方薬の価格と種類
  • 漢方薬について
  • アクセス

漢方薬局/漢方相談/東京都池袋の一二三堂薬局 - 漢方薬について - 漢方名処方解説

ページ一覧

ページ002 啓脾湯

出典

万病回春 


構成生薬

人参3.0 白朮4.0 茯苓4.0 蓮肉3.0 山薬3.0 山査子2.0 陳皮2.0 沢瀉2.0 甘草1.0 


主な効能効果

やせて顔色が悪く、食欲がなく、下痢傾向のあるものの次の諸症:胃腸虚弱、慢性胃炎、消化不良、下痢 


漢方医学的効果

補気健脾、消食止瀉 


処方解説

四君子湯のうち、人参、白朮、茯苓、甘草が共通していることから気虚全般に対応できることがわかります。それに加えて蓮肉と山薬という渋みがあり収斂作用のある生薬を含んでいることから気虚に加えて下痢症状が顕著な場合に適しています。さらに四君子湯部分の白朮と茯苓、そして沢瀉が湿(過剰な水分)を処理するので下痢を止めるだけではなく下痢をするような体内環境の改善も行えます。 あまり他の漢方薬に含まれることのない山査子は消化不良、特に肉の消化不良を改善する生薬です。腹部の張り感にも有効なので陳皮と共に同症状の改善に役立ちます。 


実践的な使用法

啓脾湯は体力がなく食欲不振の方の下痢症状、特に消化不良で食べた物の一部がそのまま出てきてしまうような下痢に有効といわれています。普段からあまり胃腸が丈夫ではないのに外食が多くて脂っぽい物ばかり食べて下痢軟便傾向が続いているような方には最適です。無論、食生活を改める方が先ですが。しばしば文献には虚弱な小児の特に原因がわからない下痢にも有効とあります。 


ちょっと一言

啓脾湯はあまり有名な処方とはいえませんが、とても実践的価値がある処方です。 ほぼ啓脾湯と同様の作用がある漢方薬に参苓白朮散が挙げられますが、こちらは文字通り散剤です。 啓脾湯には蓮肉(ハスの実)、山薬(ヤマイモ)、陳皮(ミカンの皮)山査子、甘草という食品でもある生薬が 多く含まれているという特徴があります。したがって安全性は極めて高く、そういった理由から小児の下痢にも 安心して使われるようになったのでは、と考えられます。 

Copyright (C) 一二三堂薬局 All Rights Reserved.