漢方名処方解説

ページ一覧

六味地黄丸(ろくみじおうがん)

六味地黄丸の出典

小児薬証直訣

六味地黄丸の構成生薬

地黄5-6、4-8、山茱萸3、3-4、山薬3、3-4、沢瀉3、3、茯苓3、3、牡丹皮3、3(左側の数字は湯、右側は散)


※上記は一般用漢方製剤承認基準(厚生労働省医薬食品局)より
※単位は1日当たりのグラム

六味地黄丸の効能・効果

体力中等度以下で、疲れやすくて尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてり、口渇があるものの次の諸症:排尿困難、残尿感、頻尿、むくみ、かゆみ、夜尿症、しびれ


※上記は一般用漢方製剤承認基準(厚生労働省医薬食品局)より

六味地黄丸の処方解説

六味地黄丸は津液(しんえき)や血(けつ)を補う代表的な滋陰剤であり、最も基礎的な補腎剤でもあります。補腎剤とは五臓六腑(ごぞうろっぷ)のひとつである腎に蓄えられている精(せい)を補う漢方薬を指します。つまり、六味地黄丸は津液や血、そして精が不足した状態を改善する漢方薬といえます。

津液・血・精は陰陽論(いんようろん)においては陰に属し、まとめて陰液と呼ばれます。陰液は気の持つ熱性を適度にクールダウンしたり、身体を栄養して潤すはたらきを担っています。したがって、陰液が不足した陰虚(いんきょ)の状態になると気の熱性を抑制できず、身体の不快なほてり感、潤い不足による口の渇きや肌の乾燥などがセットで現れやすくなります。六味地黄丸は滋陰剤としてこれらの症状を改善することができます。

ここからは六味地黄丸の補腎剤としてのはたらきについて解説します。まず、腎に蓄えられている精という物質は生命エネルギーの結晶のような存在です。人間は精を消費することで成長し、健康を維持し、生殖活動を行います。精が充実することで足腰や骨がしっかりし、泌尿器、視覚や聴覚、頭脳がしっかりとはたらきます。

一方で精は加齢とともに減少してしまう存在です。腎に蓄えられた精が不足した腎虚(じんきょ)の状態に陥ると腰痛や腰のだるさ、頻尿や尿漏れ、眼が悪くなり耳が遠くなる、記憶力の低下などの異常が現れます。六味地黄丸は補腎剤として上記のような腎虚の症状も緩和します。

このように陰液(津液・血・精)を補う六味地黄丸は身体に潤を与えるアンチエイジング薬(抗老化薬)といえます。「年齢とともに体力がなくなった気がする…」「年を取って身体の不調が目立ってきた…」ような方に適した漢方薬といえます。一方で本来、六味地黄丸は出典が「小児薬証直訣」という文献名であることからわかる通り、小児の腎虚向けに創作された漢方薬です。

小児における腎虚の症状としては身長が伸びず体重が増えない、体力がない、うまく歩けない、歯や髪が生え揃うのが遅い、言葉の発達が遅いといったものが代表的です。六味地黄丸が生まれた経緯としては小児を対象にしたものですが、上記の効能・効果が示すように腎虚が認められれば年齢を問わず幅広く使用が可能です。

その他にも精は生殖活動にも関与しますので、精を補う六味地黄丸は不妊症にも使用されます。女性の不妊症だけではなく、精子の濃度や運動率が低いような男性の不妊症にも応用可能です。最近の研究では不妊症の原因が男女で半々とも指摘されていますので、六味地黄丸の活躍する余地は大きいといえます。

各生薬のはたらきとしてはまず地黄、山茱萸、山薬が協働して陰液を補います。そして茯苓と沢瀉が身体に溜まった余分な水分の代謝を改善し、牡丹皮は血の巡りをスムーズにします。強くはないですが沢瀉と牡丹皮は相対的に余った気の熱性をクールダウンするはたらきも持っています。

このように地黄、山茱萸、山薬が陰液を補い、茯苓、沢瀉、牡丹皮が余分なもの(この場合は停滞した水分や血)を除くという役割分担がなされています。この特徴的な生薬構成は三補三瀉とも呼ばれますが、全体としては三補、つまり補うことに対するウエイトがより高いです。

六味地黄丸における補足

六味地黄丸は基本的な滋陰剤ですが、基本的な補腎剤でもあります。六味地黄丸を「骨格」とするように多くの補腎剤が存在します。その代表格が八味地黄丸(はちみじおうがん)です。一般的には知名度も使用頻度も八味地黄丸の方が高いかもしれません。

八味地黄丸の生薬構成としては六味地黄丸に身体を温める桂皮(けいひ)と附子(ぶし)をくわえた形となります(歴史的には八味地黄丸が先に生まれましたが…)。したがって、八味地黄丸は六味地黄丸が持つ身体を潤わせるアンチエイジング薬(抗老化薬)というはたらきに、身体を温める力が追加されたものと考えられます。イメージとしては「体力が低下した冷え性(冷え症)体質の高齢者」向けの漢方薬といえます。

八味地黄丸以外の「六味地黄丸ファミリー」としては、眼精疲労やドライアイに有効な生薬である枸杞子(くこし)と菊花(きくか)を六味地黄丸にくわえた杞菊地黄丸(こきくじおうがん)が有名で、個人的にも好きな処方です。

他には熱を冷ます知母(ちも)と黄柏(おうばく)をくわえた知柏地黄丸(ちばくじおうがん)は身体の乾燥感にくわえて不快な熱感があるケースに有効です。咳を鎮める五味子(ごみし)と呼吸器に潤いを与える麦門冬(ばくもんどう)をくわえた味麦地黄丸(みばくじおうがん)は高齢の方の乾燥した咳などによく効きます(しばしば、麦味地黄丸(ばくみじおうがん)とも呼ばれます)。

【六味地黄丸ファミリーのまとめ】
六味地黄丸+桂皮と附子=八味地黄丸
六味地黄丸+枸杞子と菊花=杞菊地黄丸
六味地黄丸+知母と黄柏=知柏地黄丸
六味地黄丸+麦門冬と五味子=味麦地黄丸(または麦味地黄丸)

漢方名処方解説の選択画面へ戻るにはこちら

このページの先頭へ