相談の多い病気

ページ一覧

【 不妊症 】と漢方薬による治療

不妊症とは


不妊症の定義はさまざまですが多くの場合「避妊をせずに性交をしているカップルが1年以内に妊娠しない場合」とされています。今日の日本においては5~10組に1組が不妊症というデータも存在し、代表的な「現代病」といえるでしょう。一昔前は不妊症の原因や責任は女性だけにあるという風潮がありました。しかし、現在はご夫婦が一緒に向き合ってゆく問題であると理解され始めています。


したがって、他の病気や体質と違ってご夫婦双方が共通した不妊症に対する理解や治療方針を確立することが重要になります。本項目では主に女性サイドから不妊症を解説してゆきます。男性サイドに関しては別ページである男性不妊症全般をご参照ください。


さらに、不妊症特別サイトも開設いたしましたので本ページと併せてご覧ください。不妊症特別サイトへはこちらになります。


不妊症の原因


不妊症の原因は極めて多岐にわたります。そのなかでも女性側の問題、男性側の問題、そして両者の問題と大きく分けることが可能です。


排卵をコントロールするホルモンの問題

女性側の問題で最も多いのは排卵障害に関連するものです。基本的に卵子は毎月、卵巣から放出されています。しかし、何らかの原因(過労、精神的ストレス、ダイエットなどによる急激な体重減少など)でホルモンによる排卵のコントロールがうまく働かなくなる場合があります。多くの場合、排卵を起こすホルモンである黄体形成ホルモンや卵包刺激ホルモンの分泌不足が見られます。その他にも乳腺刺激ホルモンであるプロラクチンが妊娠していないにも関わらず多い状態(高プロラクチン血症)も排卵を阻害してしまう要因になります。


卵管の問題

卵管は卵巣から排卵された卵子を子宮に運ぶための管です。その卵管が閉塞してしまうと排卵があっても受精することができません。卵管の閉塞は過去に患った感染症、子宮内膜症(子宮腺筋症やチョコレート膿胞の形成も含む)、子宮筋腫、骨盤周辺の手術などで起こることがあります。その他にも子宮外妊娠などで卵管が損傷してしまった場合も卵子が子宮に進みにくくなってしまいます。


子宮頸部の問題

子宮頸部とは子宮下部と膣上部を接続している部分になります。子宮頸部は通常、粘り気の強い粘液で満たされており、異物の侵入を防いでいますが排卵直前になると粘度が低下して精子が子宮に進むことができるようになります。この粘液の粘度が下がらない体質の方は精子が子宮に進めず受精できなくなってしまうのです。


精子の問題

男性の問題はほぼ精子の問題に集約されます。つまり、精液の量が少ない、精液の濃度が低い(精子の量が少ない)、精子の運動が乏しく子宮に進めない、精子に奇形があるといった点が挙げられます。データによって多少変動しますが妊娠には4000万程度の精子数が必要といわれています。より詳しくは男性不妊症全般のページをご参照ください。


年齢の問題

妊娠成功率は女性の加齢とともに減少し、流産発生率は上昇してゆくことが知られています。特に35歳以降はこの現象が顕著に現れます。一方で男性にもこの傾向はみられるものの、女性ほどの影響はないとされています。


具体的に不妊症を患っている方の割合として20~24歳では5%、25~29歳では10%、30~34歳では15%、35~39歳では30%、40~44歳では65%というデータがありますので年齢による影響は大きいといえます。


性交の問題

「そもそも論」になりますが夫婦の間で性交がなければ自然妊娠することはありません。しかしながら、性交痛がある、長時間労働などの影響で夫婦生活に時間が割けない、性欲がわかないなどの理由で十分な性交が行われないケースもあります。


厳密には不妊症からは脱線しますが、男性のED(勃起不全)やセックスレスは軽視できない問題です。ED(勃起不全)についてはこちらのED(勃起不全)のページをご覧ください。


不妊症の西洋医学的治療法


西洋医学的治療法は不妊症の原因によって大きく異なります。まず、ホルモンの問題で排卵が起こらない場合は複数の卵子を刺激して排卵を促す排卵誘発剤(主に性腺刺激ホルモン薬)が使用されることが多いです。排卵誘発剤を用いるとのぼせ、吐気、腹痛、多胎妊娠などの副作用も起こりえることは認識しておく必要があるでしょう。


排卵誘発剤の使用が難しい場合は外科的治療、つまり、人工授精や体外受精も選択肢となります。成功率としては人工授精で約20%、体外受精では約25%、体外受精の一種である顕微授精では約10%といわれています。成功率の低さの要因としては人工的な授精は成功する一方、うまく子宮に着床しないケースが多いようです。


不妊症の漢方医学的解釈


不妊症の漢方医学的原因は多岐にわたりますが、その中心には腎の問題が関わっていることが多いです。腎とは西洋医学的な「腎臓」ではなく、生命の誕生や成長に関与する精が貯蔵され、それに基づいた働きを行う漢方医学的な腎を指しています。


精は今風の表現を借りるならば「生命エネルギーの結晶」のような存在です。私たちが内在している精は両親から受け継いだ精と、主に食べ物を摂取することによって後天的に獲得された精が合わさったものです。この精を消費してゆくことで成長、身体機能の維持、そして生殖活動を行っているのです。したがって、精の不足、漢方医学的には腎虚と呼ばれる状態は身体に多くの影響を及ぼし、そのひとつが不妊症といえます。


精の不足以外にも子宮を栄養する血の不足は不妊症につながります。不足だけではなく血の流れを悪くしてしまう冷えや気の不足によっても子宮を充分に栄養することができなくなり不妊症を引き起こしやすくなってしまいます。このように漢方医学的にも不妊症は複雑に多くの要因が絡み合った結果として現れるものといえるでしょう。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた不妊症の治療法


腎に蓄えられている精の充実が妊娠につながることは既に述べてきたとおりです。したがって、漢方薬を用いて精を補給することが直接的な治療法となります。精を補うことは腎の働きを補うことにもなるのでこれを補腎と呼び、補腎する生薬を補腎薬と呼びます。


具体的な補腎薬には鹿茸や地黄などが挙げられ、主にこれらを含む漢方薬が用いられます。特に鹿の育ち盛りの角である鹿茸は精を補う力が強く頻繁に用いられます。漢方薬ではありませんが黒胡麻、黒豆、きくらげなどの黒い食べ物が精を補う食品として有名ですので積極的に摂るのが良いでしょう。


精を補給するだけではなく子宮を栄養する血を充実させることも非常に重要な漢方薬の役目です。血を補う生薬である補血薬としては地黄、当帰、芍薬、阿膠、酸棗仁、竜眼肉などがあり、しばしば精を補う漢方薬と併せて使用されます。肝腎同源という言葉があり、肝に蓄えられている血と腎に蓄えられている精は相互変換が可能ということを表しています。つまり、臨床的には精の補充と血の補充は不可分といえます。


その他にも子宮を温めたり血流を円滑にする補気薬(気を補う生薬)も欠かせません。具体的には人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などが挙げられます。不妊症の治療に用いられる漢方薬はこれら精や血を補う生薬を中心に気を補う生薬などを配するという形が基本となります。


これら以外にも個人によって体質は異なりますのでそれに合わせて漢方薬を対応させる必要があります。したがって、実際に調合する漢方薬の内容もさまざまに変化してゆきますので、一般の方が自分に合った漢方薬を独力で選ぶのは非常に困難といえるでしょう。


漢方薬を用いた不妊症治療の利点は不妊症以外にも悩まれている症状(代表例として四肢の冷え、むくみ、疲労感、貧血、生理不順など)も併せて根本治療が可能という点です。さらに目立った副作用が無いという点も大きな特徴といえます。なお西洋医学的な治療を行っていても漢方薬を使用することは基本的に可能です。


生活面での注意点と改善案


当薬局にご来局される不妊症の女性のほぼすべてに共通しているのが冷え性(冷え症)です。冷えは血流を悪くしてしまうので子宮の栄養状態が悪くなり不妊症を起こしやすくなります。まずはこれ以上身体を冷やさないようにすることが大切になります。


服装に関しては特に冬の服装、ファッション重視の薄着は問題になりがちです。以前、「ファッションは我慢」という言葉を聞いて妙に納得したことを記憶しています。しかし、金銭面の我慢ならともかく、健康に問題が出てきては我慢している場合ではありません。


しばしば、「生足」「へそ出し」「ノースリーブ」という「冷え性(冷え症)・三種の神器」を携えてご来局される方も多くいらっしゃいます。そうなるといくら漢方薬で対応しても、薬効を相殺されてしまい十分な効果が期待できなくなってしまいます。


まず、冷え性(冷え症)の方は「毛糸の靴下」「下着の上に毛糸のパンツ」「腹巻」という「保温・三種の神器」がお勧めです。その他にもカーディガンや毛布などを持ち歩くと外出時のクーラー対策にもなります。これは夏場の予期せぬクーラーにも有効です。


他にもぬるめのお風呂に長く浸かるといった方法も冷え性(冷え症)には有効です。熱過ぎるお風呂は長く浸かっていられないので結果的には身体の芯まで温まらなくなってしまいますので注意してください。さらにシャワーは身体の汚れを落とすものであり、温めるものではありませんので冬だけではなく夏もしっかりと湯船に浸かることをお勧めいたします。一方で男性の場合、睾丸を含めた生殖器を温め過ぎるのは良くないとされていますので注意が必要です。


それ以外にも長時間労働による疲労の蓄積は精力減退や、夫婦の生活リズムにすれ違いが生じてしまいセックスレスの原因にもなります。なかなか勤務時間を変更するということはできないかもしれませんが、夫婦で家族計画について話し合い、共通理解を持つだけで双方の精神的ストレスは軽減されます。


不妊症の改善例


改善例1

患者は30代前半の女性・会社員。5年前に結婚して順調な夫婦生活がありましたが妊娠できず悩み出した頃、漢方薬を思いつき当薬局にご来局。色白で細身の第一印象。ご本人も「冷え性(冷え症)で疲れやすく、家事と仕事で大変」とのこと。その他にも胃腸虚弱、貧血、めまい、立ちくらみ、頭痛などにも悩まされており、かなり疲労が溜まっているご様子でした。


この方は気の不足から身体を温められず、疲労がそれに拍車をかけて多彩なご症状が出ていると考えました。そこで気を補う人参、黄耆、大棗、白朮、血を補う当帰、身体を温める細辛などから構成される漢方薬を服用して頂きました。


服用から数ヵ月間はなかなか身体に変化がみられませんでしたが、4ヵ月くらいが経過した頃には疲労感や冷えはだいぶ落ち着いていました。この頃になると胃の調子も良くなってきていたので、血や精を増す生薬である地黄と鹿茸を含んだ漢方薬を加えるようにしました。


それからさらに数ヵ月が経過したときに妊娠のご報告が入りました。その後は特に妊娠中毒症や早流産などのトラブルも無く無事に出産されました。現在は仕事にも復帰されて、健康維持のため気血を補う漢方薬を継続して服用されています。


改善例2

患者は40代前半の女性・公務員。数年間、不妊症専門のクリニックで体外受精などの治療を行いましたがうまくいかず、疲れ果てた末にそこでの治療を中止。そのようなときにフッと通りすがりの当薬局にご来局。


お話をくわしく伺うと検査の結果、卵子の状態がおもわしくないとのこと。生理周期も不安定で、基礎体温における高温期が見出せない状態でした。印象としては若干の抑うつ傾向と身体全体から元気が感じられず、長い不妊症治療によるストレスがたたったものと推測しました。

この方にはまず、ストレスを緩和して気の流れを円滑にする柴胡と薄荷、気を増す人参と白朮から構成される漢方薬を服用して頂きました。服用から数ヵ月経過して、落ち込みや寝つきの悪さが徐々に良くなり、笑みもみられるようになりました。良い傾向だと思い少々の微調整を行いながら漢方薬を服用して頂きました。


服用から半年経った頃には乱れがちであった生理も30~35日周期に落ち着き、基礎体温も徐々に二層に分かれてきました。この頃、やや高齢な年齢も考えて精を増す力が強い鹿茸を含む漢方薬を併用して頂くことにしました。


それから数ヵ月後、「また生理周期が乱れたかと思ったら妊娠していました」というご報告が入りました。その後はやや悪阻(つわり)やむくみがつらいということでしたが、母子ともに無事に出産されました。


改善例3

患者は30代後半の女性・デザイナー。20代の頃、生理痛がひどいので婦人科を受診したところ子宮筋腫(ピンポン玉くらいの大きさ)があることが分かりました。手術や低用量ピルには抵抗があり、痛み止めのみを服用することになりました。その後、結婚し妊娠を希望するものの上手くいかず、漢方薬を服用していた友人から当薬局を勧められてご来局。


詳しくご症状を伺うと生理痛の他に少々の生理不順と経血暗色化、血塊も多いとのこと。頭痛や肩凝りもあり顔色もやや暗く唇が青い。これらを総合してこの方は血が滞っており、充分に血が子宮などを栄養できていないと推測しました。そこでまず、血流を改善する生薬(活血薬)である芍薬、川芎、牡丹皮などから構成される漢方薬を服用して頂きました。


漢方薬服用から5ヵ月が経った頃には全体的に体調が好転して顔色も明るい紅色になり、生理痛も徐々に緩和してきました。子宮筋腫の大きさも若干の縮小が見られました。この頃から気と血の両面を補う漢方薬に変更。その後、約半年後に妊娠されました。


妊娠中は大きなトラブルもなく、予定日通りに無事出産されました。現在は疲れると時折、肩凝りや頭痛が出るということで血流を改善する漢方薬を健康維持として服用して頂いています。


おわりに


近年、不妊症でご来局される方がとても多くなった印象を受けます。一部の不妊症は明確な原因が不明とはいっても、やはり晩婚化やストレス社会と呼ばれる今日の世相を反映しているのかもしれません。


漢方薬は西洋薬では対応しきれないより根本的な原因に対応することができるものです。>当薬局にはホルモン薬治療や人工授精・体外受精を行ってもなかなか改善が見られなかった方がしばしばご来局されます。元来、不妊症に代表される婦人科系疾患と漢方薬は「相性」も良く、服用を経て無事に妊娠、出産される方が多くいらっしゃいます。是非一度、不妊症でお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

【 生理不順(月経不順) 】と漢方薬による治療

生理不順(月経不順)とは


健康な女性の身体において生理(月経)は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンなどの増減によって起こっています。多くの場合、生理は25~38日程度の周期で定期的にやってくるといわれています(その中でも特に28~30日周期が平均的です)。


したがって、継続的に24日以下の周期で生理があったり、39日以上の間隔での生理がある場合は生理不順の状態といえます。くわえて周期がバラバラでいつ生理が来るのか予想不能なケースも生理不順に含まれます。一方で誰しも少々、生理のサイクルが乱れることはありますし、個人差もあります。例えば毎月、規則正しく生理がきているのに、ある月だけ40日で生理がやってきた場合などは過度の心配はありません。


なお、生理不順には生理周期の問題だけではなく生理による出血が起こっている期間(月経持続日数)の異常も含まれますが、本ページでは主に生理周期の異常に焦点を絞って解説を行ってゆきます。生理出血のトラブルに関しては不正性器出血(不正出血)と漢方薬による治療のページをご参照ください。


生理不順(月経不順)の種類


稀発月経(きはつげっけい)

稀発月経とは生理の周期がいつも39日以上あいてしまう状態を指します。稀発月経は卵巣から放出される女性ホルモンの分泌が不十分である場合などに起こります。くわえて女性ホルモンの乱れによって排卵が行われていないケースでは、不妊症の原因にもなってしまいます。


頻発月経(ひんぱつげっけい)

頻発月経とは継続的に生理が24日以下の頻度でやってきてしまう状態です。頻発月経は稀発月経と同様に女性ホルモン分泌の乱れ、特にプロゲステロンの分泌不足によって起こりやすくなります。プロゲステロンの分泌が不十分だと子宮内膜がしっかり成熟できず、受精卵が着床しにくくなってしまいます。頻発月経は不妊症にくわえて頻繁な出血による貧血も問題となります。


無月経

無月経を生理不順のカテゴリーに含むか議論はありますが、本ページではあわせて解説してゆきます。無月経とは性成熟期以降で生理が3ヵ月以上起こらない状態を指します。この無月経の状態には初経前や閉経後、そして授乳中などの生理的無月経(つまりは正常な「無月経」です)は含みません。


病的無月経も18歳を迎えても初潮が無い場合を原発性無月経、初潮があった後の生理停止を続発性無月経と呼びます。頻度の高い続発性無月経では視床下部から分泌されるゴナドトロピン放出ホルモンの不足が原因となるケースが多いです。無論ですが無月経は不妊症の原因ともなります。


生理不順(月経不順)の原因


生理周期はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモン、さらにはそれらの放出をコントロールするゴナドトロピンやゴナドトロピン放出ホルモンなどによってコントロールされています。複数のホルモンの複雑なバランスによって成立している生理周期はその分、デリケートな存在ともいえます。


生理を乱す(ホルモン分泌を乱す)原因の代表としては過労や無理なダイエットによる肉体的なストレス、そして仕事のプレッシャーなどの精神的なストレスが挙げられます。そもそも生理は妊娠と出産を成立させるための定期的な準備サイクルです。心身がストレスによってダメージを受けている状態での妊娠や出産は母体の危機であり、それらは回避される必要があります。生理不順はいわば「安全装置」が作動している状態ともいえるのです。


生理不順(月経不順)の症状


生理不順が起こっている場合、しばしばサイクルの乱れ以外にも多くの症状(月経随伴症状)が現れます。月経随伴症状の代表的なものに生理痛(月経困難症)、腰痛、重だるさ、腹部の張り、下痢や便秘、胸の張り、イライラ感、不安感、眠気などが挙げられます。


特に生理痛(月経困難症)の頻度は高く、生理不順の方の多くが悩まされています。生理痛に関しては生理痛(月経困難症)と漢方薬による治療のページもご覧ください。


生理不順(月経不順)の西洋医学的治療法


生理不順の西洋医学的治療はその引き金となっている疾患(具体的には高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣症候群、無排卵周期症、甲状腺ホルモンの分泌異常など)が明確である場合はその治療法に沿う形になります。上記に当てはまらない場合は生活習慣の改善に加えて鎮痛薬や低用量ピルによるホルモン治療が中心となります。


生理不順(月経不順)の漢方医学的解釈


生理不順を漢方医学の視点からみると血のトラブルと関連が深いといえます。特に血の不足である血虚と血の滞りである瘀血(おけつ)のケースが多いです。くわえて血は五臓が協同して生まれ循環することで機能しています。したがって、生理不順の原因は非常に多岐にわたることになります。


まずは生理周期が長くなってしまう稀発月経のケースでは血虚の可能性を考えます。血虚の場合、疲労感、めまいや立ちくらみ、動悸や息切れといった症状も現れやすいです。くわえて生理痛がシクシクとした鈍痛となり、それが生理中から生理後も続くことが多いです。


頻発月経では瘀血がしばしば「主犯格」となります。瘀血は気の停滞や冷えによって起こりやすいので、憂うつ感やイライラ感といった精神症状、そして冷え性(冷え症)があわせて現れやすいです。瘀血の生理痛は刺すような強い痛みとなる点も特徴的です。


無月経の場合は五臓における腎のトラブルが考慮されます。腎に蓄えられている精は生命エネルギーの塊のような存在であり、成長や生殖活動などをつかさどっています。この精の不足は生理の停止や幅広い不妊症と関係が深いです。


生理不順は多くの要素が複雑に絡み合った結果として現れるケースがほとんどです。したがって、心身の症状や体質にくわえて生活環境なども考慮して生理不順の原因を探ることが治療には大切です。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた生理不順(月経不順)の治療


漢方薬を用いた生理不順の治療はいかに血の状態を改善するかにかかっているといっても過言ではありません。その一方で血虚や瘀血といった血のトラブルはその原因が非常に多彩なので、治療に用いられる漢方薬も数多く存在します。


まずは血虚が目立つ場合は血を補う生薬(補血薬)である地黄、芍薬、当帰、阿膠などを含んだ漢方薬が用いられます。瘀血が顕著な場合は血を流す力に優れている生薬(活血薬)である桃仁、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索を含んだ漢方薬の出番です。しかしながら、現実的には血虚と瘀血は深くつながりあった病態なので、上記の生薬をバランスよく配置した漢方薬を用いる場合がほとんどです。


さらになぜ血虚や瘀血が起こっているのかも考える必要があります。元々体質的に胃腸が弱い方の場合、食べ物や飲み物から気血が生み出しにくくなっている可能性があります。そのような場合は人参、黄耆、白朮、大棗、甘草などといった消化器を元気にする補気薬を含んだ漢方薬が選択されます。冷えが血の流れを阻んでいるようなら身体を温める散寒薬の附子、桂皮、乾姜、呉茱萸、細辛などを用います。


上記は生理不順に用いられる漢方薬のほんの一例です。実際には気の巡りや精の不足なども充分に考慮する必要があります。生理不順の治療に用いられる漢方薬はその方の症状や環境によって大きく異なることになるのです。


生活面での注意点と改善案


当薬局にご来局される生理不順や生理痛に悩んでいる女性のほぼすべてに共通しているのが冷え性(冷え症)です。冷えは上記のように血の流れを悪くしてしまうので子宮の栄養状態が悪くなり生理不順、生理痛、不妊症を起こしやすくなります。まずはこれ以上身体を冷やさないようにすることが大切になります。


服装に関しては特に冬の服装、ファッション重視の薄着は問題になりがちです。以前、「ファッションは我慢」という言葉を聞いて妙に納得したことを記憶しています。しかし、金銭面の我慢ならともかく、健康に問題が出てきては我慢している場合ではありません。


しばしば、「生足」「へそ出し」「ノースリーブ」という「冷え性(冷え症)・三種の神器」を携えてご来局される方も多くいらっしゃいます。そうなるといくら漢方薬で対応しても、薬効を相殺されてしまい十分な効果が期待できなくなってしまいます。


まず、冷え性(冷え症)の方は「毛糸の靴下」「下着の上に毛糸のパンツ」「腹巻」という「保温・三種の神器」がお勧めです。その他にもカーディガンや毛布などを持ち歩くと外出時のクーラー対策にもなります。これは夏場の予期せぬクーラーにも有効です。


他にもぬるめのお風呂に長く浸かるといった方法も冷え性(冷え症)には有効です。熱過ぎるお風呂は長く浸かっていられないので結果的には身体の芯まで温まらなくなってしまいますので注意してください。さらにシャワーは身体の汚れを落とすものであり、温めるものではありませんので冬だけではなく夏もしっかりと湯船に浸かることをお勧めいたします。


生理不順(月経不順)の改善例


患者は20代後半の女性・美容師。学生の頃から生理不順と強い生理痛に悩まされていたという。生理周期はバラバラで、傾向としては短いサイクルでやってくることが多かった。社会人になってからは疲労感も目立ち、仕事に支障も出てきたため当薬局へご来局。


くわしくお話を伺うと上記のご症状にくわえて全身の冷え性(冷え症)、足のむくみ、肌乾燥、軟便傾向など複数のご症状に悩まされていた。この方は気と血の不足、さらにそこから血の巡りも悪化している病態と捉えた。そこで漢方薬は当帰、芍薬、人参、白朮、乾姜などを含んだものを服用して頂きました。


この方は生理不順や生理痛が特に目立つ冬の時期から服用を開始されたので、効果の実感がなかなか難しい状態が続きました。しかし、根気強く服用して頂き春の陽気がしっかりしてくる頃には強い生理痛に悩まされることは大幅に減っていました。生理周期もやや短めでしたが「いつ生理がくるのかわからずハラハラする」という状態ではなく、定期的なサイクルになっていました。


夏になる頃には身体を温める生薬は含まず、夏バテにならないように胃腸の調子を整えることも重視した漢方薬に切り換えて服用を継続して頂きました。その効果もあり、猛暑日が続く夏場もダウンすることなく過ごすことができていました。


服用開始からまる1年が経つと生理不順を中心とした婦人科系のトラブルも解消し、仕事も含めた生活面での支障はなくなりました。久しぶりにほぼ1年間を通じて健康体でいられたということで、この女性には気血を補うことを中心に継続的に漢方薬を服用して頂いています。


おわりに


生理不順は多くの女性が悩まされているトラブルのひとつです。当薬局へご来局される女性の多くが生理不順にくわえて生理痛や冷え性(冷え症)も患っているケースが非常に目立ちます。近年は女性が仕事に家事に大忙しで、ゆっくりと休息をとったりする余裕が失われつつあることもその原因かもしれません。


漢方薬は生理不順だけに着目するのではなく、乱れている身体バランスを整えることで生理不順の治療を目指します。その結果としてそれまで悩まされていた、上記のようないくつもの症状も同時に改善してゆくこともしばしばです。生理不順にお困りの方はぜひ一度、当薬局へご来局頂ければと思います。

【 生理痛(月経困難症) 】と漢方薬による治療

生理痛(月経困難症)とは


月経困難症は一般的には生理痛と呼ばれるもので、主に生理時やその前後に起こる下腹部や腰などの痛みを指します。生理痛はしばしば頭痛、下肢の重だるさや不快感、発熱、吐気と嘔吐、下痢軟便傾向など多様な症状と併せて現れる場合があります。


生理痛にはいくつかの原因が考えられていますが、明確には不明な点も多いです。このような生理痛は機能性月経困難症や原発性月経困難症と呼ばれます。それ以外に子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、骨盤内うっ血症候群などといった生理痛を起こしている原因が分かっているものは器質性月経困難症や続発性月経困難症と呼ばれます。このページでは前者の機能性月経困難症や原発性月経困難症を中心に解説を行ってゆきます。


生理痛(月経困難症)の原因


生理痛の主な原因としては生理時に子宮において作られるプロスタグランジンという物質の産生過剰が挙げられます。プロスタグランジンは子宮の筋肉を収縮させる働きがあり、さらに痛み刺激を敏感にする作用もあります。したがって、生理中に過剰に分泌されたプロスタグランジンの作用によって一部の生理痛が引き起こされていると考えられます。


生理痛(月経困難症)の西洋医学的治療法


生理痛に対しては鎮痛薬を用いてプロスタグランジンの産生を抑制するのが最も一般的な対処法になります。鎮痛薬は早く効果が出る反面、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなるので過剰な連用は控えるべきでしょう。子宮筋腫や子宮内膜症などが原因の場合はそちらの治療に沿う形になります。


生理痛(月経困難症)の漢方医学的解釈


漢方医学的に生理痛を考えると、多くの場合において血の流れが滞っている状態、つまり瘀血(おけつ)の状態が関係しています。古くから「不通則痛」という有名な言葉があり、これは「気や血が滞るとそこに痛みが起こる」という意味です。


生理痛の場合もこの言葉が当てはまり、何らかの原因で血の巡りが妨げられて刺すような強い痛みが現れたと考えます。したがって、生理痛を緩和するためにはまずしっかりと血を巡らすことがとても重要になります。血が滞っている原因としては過労などによる気の不足(気虚)、精神的なストレスによる気の滞り(気滞)、さらには冷えなど個々人によってさまざまです。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた生理痛(月経困難症)の治療


生理痛の原因が血の巡りが悪くなっている瘀血の状態である場合、その治療法は停滞している血の流れを改善することになります。瘀血を解消する生薬(活血薬)としては桃仁、川芎、当帰、牡丹皮、紅花、延胡索が優れており、これらを含んだ漢方薬が治療の中心となります。


しかしながら、血は気の働きによって循環しているので、気が不足しているようなら気を補う生薬(補気薬)である人参、黄耆、大棗、白朮、甘草なども用いられます。さらに冷えが目立つようなら身体を温める生薬(散寒薬)の桂皮、乾姜、細辛、呉茱萸、附子なども必要となります。


上記のように生理痛に用いられる漢方薬は個々人の体質や生理痛以外の症状によって大きく形が異なります。生理痛に対してはその痛みにのみ着目するのではなく、どのような原因で血が滞っているのかなどを慎重に捉え、多面的な対応が必要になります。


生活面での注意点と改善案


当薬局にご来局される生理痛で悩んでいる女性のほぼすべてに共通しているのが冷え性(冷え症)です。冷えは血流を悪くしてしまうので、まずはこれ以上身体を冷やさないようにすることが大切になります。


服装に関しては特に冬の服装、ファッション重視の薄着は問題になりがちです。以前、「ファッションは我慢」という言葉を聞いて妙に納得したことを記憶しています。しかし、金銭面の我慢ならともかく、健康に問題が出てきては我慢している場合ではありません。しばしば、「生足」「へそ出し」「ノースリーブ」という「冷え性(冷え症)・三種の神器」を携えてご来局される方も多くいらっしゃいます。そうなるといくら漢方薬で対応しても、薬効を相殺されてしまい十分な効果が期待できなくなってしまいます。


まず、冷え性(冷え症)の方は「毛糸の靴下」「下着の上に毛糸のパンツ」「腹巻」という「保温・三種の神器」がお勧めです。その他にもカーディガンや毛布などを持ち歩くと外出時のクーラー対策にもなります。これは夏場の予期せぬクーラーにも有効です。


他にもぬるめのお風呂に長く浸かるといった方法も冷え性(冷え症)には有効です。熱過ぎるお風呂は長く浸かっていられないので結果的には身体の芯まで温まらなくなってしまいますので注意してください。さらにシャワーは身体の汚れを落とすものであり、温めるものではありませんので冬だけではなく夏もしっかりと湯船に浸かることをお勧めいたします。


生理痛(月経困難症)の改善例


患者は20代後半の女性・学芸員。中学生の頃から生理痛に悩まされ、鎮痛剤が手放せない生活が続いていました。腹部を冷やしてしまうとその痛みは悪化するので、特に冬はつらかったとのこと。就職してからは対人関係のストレスと鎮痛剤の使い過ぎから胃を壊してしまい入院。病院で処方された胃にやさしいといわれる鎮痛剤でも調子が悪くなるようになってしまった。生理痛と胃痛を天秤にかけることもできず、困り果てた末に当薬局にご来局。


くわしくお話を伺うと生理前に左下腹部に刺し込むような強い痛みが起こり、吐気をもよおすほどとのこと。机の向かっての細かい作業が多いことから肩凝りからくる頭痛も日常的にあり、鎮痛剤が服用できないので生活に大きな支障が出ていました。


この方は生理痛などのご症状にくわえて顔色も暗く、瘀血の状態が顕著でしたので血流を改善する芍薬、当帰、そして身体を温める桂皮、細辛などからなる漢方薬を服用して頂きました。芍薬や細辛は優れた鎮痛効果も期待できる生薬です。


服用から7~8ヵ月が経った頃には生理痛も頭痛もだいぶ弱まり、充分我慢できるレベルになっていました。痛みでイライラすることも減り、仕事の効率も上がったと喜ばれました。そして服用開始から1年が経過した段階で末端の冷えも回復して、生理痛もほぼ消失。体調も良いので現在も微調節を行いながら漢方薬を服用して頂いています。


おわりに


テレビを見ていると毎日のように生理痛に効く鎮痛剤のCMを目にします。それほど生理痛に悩まされている方が多いという証左なのでしょう。しかしながら、鎮痛剤の使い過ぎは胃腸障害のリスクもありますし、そもそもつらい生理痛の影にある体質的問題(冷え性(冷え症)や血流の滞りなど)を先送りしてしまうことになります。


当薬局では生理痛が漢方薬の服用によって好転する方がとても多くいらっしゃることから、生理痛と漢方薬とは「相性」が良いと実感しています。是非一度、お悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

【 不正性器出血(不正出血) 】と漢方薬による治療

不正性器出血(不正出血)とは


不正性器出血とは生理的に正常な出血、つまり月経による出血を除いた女性器からの出血を指します。「生理的に正常な出血」には月経による出血の他に出産時の出血、さらに月経と月経の間に起こる排卵期出血も多くの場合は含まれます。したがって、上記に該当しない出血が不正性器出血といえます。


上記の定義に従えば不正性器出血は非常に多くの病態を包括することになります。その一方で不正性器出血は大きく器質性出血と機能性出血の二つに分けて考えることができます。そこで下記では不正性器出血を器質性出血と機能性出血に分けて詳しく解説してゆきます。


器質性出血とは

器質性出血とは女性器(膣、子宮、卵巣など)の形体に異常が起こったために現れる出血です。より簡単に表現するなら器質性出血は女性器における腫瘍、炎症、外傷などによって起こる出血といえます。


具体的には子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮外妊娠、性交時の裂傷などが含まれます。上記の定義とはやや乖離してしまいますが、白血病や紫斑病などの血液疾患による不正性器出血も器質性出血に包括されます。


機能性出血とは

機能性出血とは上記で挙げたような器質的異常以外の原因によって起こる女性器からの出血を指します。ちなみに定期的に訪れる月経による出血は根本的に「異常」ではないので機能性出血には含まれません。


機能性出血の主な原因に女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌バランスの乱れが挙げられます。そもそも月経は規則的な女性ホルモンの分泌によって厳密にコントロールされています。女性ホルモンは一方で精神的・肉体的ストレス、そして無理なダイエットなどによって分泌に乱れが生じます。結果的に女性ホルモンの分泌バランスの崩れが不正性器出血という形で表出するのです。


ストレスやダイエット以外にも機能性出血は性的に未成熟な若い女性(女児)や更年期の女性にも起こりやすいです。それは両者とも女性ホルモンの分泌が不安定になっているからであり、多くの場合は時間の経過とともに出血は沈静化してゆきます。


不正性器出血(不正出血)の西洋医学的治療法


不正性器出血の西洋医学的治療法は器質性出血か機能性出血かによって異なります。基本的には器質性出血の場合は子宮筋腫や子宮内膜症といった原因、つまり病気が存在しています。したがって、器質性出血の治療は上記のような病気の治療の一部として行われます。


その一方で機能性出血の場合はしばしば治療の対象とならない場合があります。貧血が深刻なケースでは鉄剤、それでも貧血がひどい場合や出血によってQOL(生活の質)の低下が大きい場合は低用量ピルが用いられます。低用量ピルはホルモンバランスの乱れを改善できれば大きな力になりますが、頭痛や吐き気などの副作用も起こりやすいので慎重に使用されます。


不正性器出血(不正出血)の漢方医学的解釈


不正性器出血は本来ならば身体内に維持しておかなければならない血液が漏れ出てしまっている状態といえます。血も含めて身体にとって必要なものを維持するはたらきは気が担っています。このような気の持つ力を固摂(こせつ)作用と呼びます。


したがって、気が不足してしまうと十分に固摂作用がはたらかず、血が漏れ出してしまいます。気の不足は専門的には気虚と呼ばれますので、多くの不正性器出血には気虚が根底にあるといえます。さらに血は気から生まれ変わったものでもあるので気の不足は血にとっての原材料の不足であり、出血によって不足はより深刻化してしまいます。このような気も血も不足してしまう状態を気血両虚と呼びます。


気の不足にはさまざまな原因が考えられます。過労、睡眠不足、食欲不振、慢性的な病気による消耗、精神的ストレスによって気の流れが滞り、そこから気の不足に陥ってしまうケースもあります。さらに不正性器出血は身体内の過剰な熱の暴走によって起こることもあります。このように不正性器出血を考える際は症状だけではなく生活状態も含めて多面的な視点が必要になります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた不正性器出血(不正出血)の治療


不正性器出血の根底には多くの場合において気虚が存在し、出血が慢性化してしまうと気血両虚に陥ってしまいます。そこで不正性器出血の治療には気を補い、なおかつ血も補う必要があります。前者はより根本治療的であり、後者は対処療法的ではありますがその境界は明確ではありません。なぜなら上記で血は気から生まれると説明しましたが、血から気への変換も身体内では行われると考えるからです。


まず気を補うためには人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などの補気薬を含んだ漢方薬が用いられます。それらに加えて血を満たす地黄、当帰、芍薬、阿膠などの補血薬が合わせて使用されます。血を補う生薬は胃にもたれるものが多いので、脾胃(消化器)の状態を良くする補気薬とうまく併用することでそのような問題をクリアできます。


補気薬や補血薬以外にも止血効果のある阿膠や艾葉も不正性器出血の漢方薬には欠かせません。それ以外にもなぜ気が不足してしまったのかを考えて漢方薬を用いる必要があるでしょう。


不正性器出血(不正出血)の改善例


患者は30代前半の女性・中学校教師。学生時代はやや生理不順があるくらいで、周りの友人のように強い生理痛などに悩まされることもありませんでした。しかし、教師となり授業以外に部活動の顧問や教材作りに忙殺されるようになると徐々に疲労感が取れなくなってしまったという。


次第に疲労感だけではなく保護者からのクレーム処理などにも追われ、眠っても2~3時間後に目が覚めてしまうようになり睡眠時間も減少。そのような時期に生理が終わった1週間後に不正出血が起こるようになってしまった。一時的なものと考えていたとのことですが、その後も決まって生理後に不正出血が続くようになり疲労感が全く抜けなくなってしまったという。


産婦人科を受診しても子宮筋腫や子宮内膜症などの病気は発見されず、鉄剤のみが処方されました。しかし、鉄剤を服用しても身体の重だるさなどはとれず、漢方薬の服用を希望されて当薬局にご来局。


詳しくお話を伺うと定期的な不正出血に加えて疲労感、めまい、動悸、そして眠りの浅さなどに悩まされているとのこと。これらのご症状からこの方は学校の仕事によって疲弊し、気を消耗。そこから不正性器出血を起こし気血両虚に至ったと考えました。そこで漢方薬は人参、黄耆、地黄、当帰、艾葉など気血を補い出血を抑える内容で選択しました。


漢方薬服用から5ヵ月が経つ頃になると疲労感と動悸が軽減されて、顔色も良くなられていました。まだ不正出血はあるということですが出血している期間と出血量はともに減少。生理用品の使用量は大きく減ったとのことでした。良い経過だったので調節は加えず、同じ漢方薬を継続していただきました。


通算で1年半が経つと、不正出血は全くなくなり、生理周期も約28日間に固定されるようになっていました。血虚によると考えられていた眠りの浅さも解消され、疲労感がたまりにくい環境も揃いました。この方には現在も精神的ストレスに対応した漢方薬を織り交ぜながら継続して服用して頂いています。


おわりに


不正性器出血は不快なだけではなく、貧血によって疲労感、めまい、動悸、集中力の低下などの症状も問題となります。いつ出血してしまうかわからず、積極的に外出できなくなってしまい行動範囲が狭まってしまうことも二次的な問題といえるでしょう。


漢方薬は西洋薬では対応しきれないより根本的な原因に対応することができるものです。当薬局では西洋薬を使用してもなかなか改善が見られなかった方がしばしばご来局されます。そして上記の具体例のように漢方薬の服用によって症状が軽快される方が多くいらっしゃることから不正性器出血と漢方薬は「相性」が良いと実感しています。是非一度、不正性器出血にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

【 子宮筋腫 】と漢方薬による治療

子宮筋腫とは


子宮筋腫とは簡単に表現すれば子宮にできる良性の腫瘍のことです。良性の腫瘍とは命に影響を及ぼす可能性の低い腫瘍のことを指します。子宮はひとつの筋肉(平滑筋)でできた袋のような存在であり、そこにできた腫瘍なので「筋腫」となります。


子宮筋腫は婦人科の腫瘍の中で最も多い病気とも言われており、小さい筋腫も含めると20~25%程度の女性に存在すると考えられています。そのような子宮筋腫は筋腫ができた部分によって大きく3つに分けられます。ひとつが子宮の外側にできる漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)、子宮筋層内にできる筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)、そして子宮の内側にできる粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)です。この粘膜下筋腫はしばしばつらい生理痛や不正出血といった症状を起こすことが知られています。


子宮筋腫の原因


子宮筋腫の根本的な発生原因は不明な点が多いのですが、女性ホルモンであるエストロゲンの働きによって成長することが知られています。したがって、女性ホルモンが活発に分泌されている10~50代の女性、特に30~40代は子宮筋腫のリスクが高いといえます。逆にいえば閉経後の女性の場合はリスクが低く、既に子宮筋腫がある場合もその大きさが縮小することが知られています。


子宮筋腫の症状


子宮筋腫は命に関わることは少ない病気です。一方でさまざまな症状が引き起こされる病気でもあり、生活の質を左右する問題といえます。特に子宮の内側にできる粘膜下筋腫は子宮の動きに合わせて刺激を受けやすいので不正出血や出血過多による貧血、下腹部痛や腰痛などの原因となります。


漿膜下筋腫や筋層内筋腫も大きく成長してしまうと神経や他の臓器を圧迫して腰痛や排尿障害(頻用や尿閉)、水腎症などを引き起こします。さらに子宮筋腫は不妊症や不育症(早産や流産)の原因にもなるので、妊娠を希望されている方には症状以上に大きな問題となりえます。


子宮筋腫の西洋医学的治療法


子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンを成長の糧としているので、そのエストロゲン分泌量を下げる薬物療法と手術が治療の中心となります。治療に用いられるのは主にGnRHアゴニスト(ゴナドトロピン放出ホルモン作動薬)という難しい名前の薬です。GnRHアゴニストは脳下垂体に作用してエストロゲンの分泌を抑えます。


GnRHアゴニストを用いることでエストロゲンの分泌は抑えられますが、人工的に更年期を生み出すようなものなのでほてり感、頭痛、肩凝り、発汗過多、動悸、めまい、吐気と嘔吐、イライラ感などの更年期障害のような副作用が起こることもあります。もし薬物療法で対応が難しい場合は子宮の一部や全体を切除する手術が選択されます。


子宮筋腫の漢方医学的解釈


漢方医学的には子宮筋腫を含んだ腫瘍は瘀血(おけつ)と呼ばれる血の滞りによって生まれるものと考えます。瘀血が生じるとその部分に刺すような痛みや不正出血などが起こりやすくなります。


この血の滞りが起こる原因はいくつか考えられます。まず血を動かして身体中を循環させているのは気の働きです。気が何らかの影響で不足したり気も滞ってしまった場合、気が持っている力が充分に発揮されず血も滞って瘀血が生まれてしまいます。気のトラブル以外にも冷えによっても血の流れは悪くなってしまうので、冷え性(冷え症)を改善することは非常に大切です。


さらに津液の滞りや血の不足なども瘀血の形成には関与しますので、子宮筋腫には十人十色の複合的な原因があるといえるでしょう。したがって、個々人の体質や症状などから慎重に原因と治療法を決定する必要があります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた子宮筋腫の治療


子宮筋腫治療の中心になるのは血の流れを改善する生薬(活血薬)を含む漢方薬になります。活血薬には桃仁、当帰、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索などが挙げられます。特に延胡索は優れた鎮痛効果を発揮し、当帰は血を補う力も強いので血が不足している方の子宮筋腫にとても有効です。


血を動かしているのは気でしたので、気に対応した漢方薬も子宮筋腫治療に用いられます。疲労感、身体の重だるさ、食欲不振、息切れなどの気の不足が顕著なら気を補う生薬(補気薬)である人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などが用いられます。精神的ストレスなどを受けて気の流れが悪くなっている場合、気の流れを改善する生薬(理気薬)である柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子なども必要になってきます。


さらに冷え性(冷え症)があると血の流れが悪くなるので身体を温める生薬(散寒薬)である桂皮、乾姜、細辛、呉茱萸、附子も検討されます。このように子宮筋腫に用いられる漢方薬は活血薬を中心としつつ、その方の症状や体質によって様々に変化してゆきます。


生活面での注意点と改善案


当薬局にご来局される子宮筋腫を患っている女性のほぼすべてに共通しているのが冷え性(冷え症)です。冷えは血流を悪くしてしまうのでつらい生理痛を起こしやすくなります。まずはこれ以上身体を冷やさないようにすることが大切になります。


服装に関しては特に冬の服装、ファッション重視の薄着は問題になりがちです。以前、「ファッションは我慢」という言葉を聞いて妙に納得したことを記憶しています。しかし、金銭面の我慢ならともかく、健康に問題が出てきては我慢している場合ではありません。


しばしば、「生足」「へそ出し」「ノースリーブ」という「冷え性(冷え症)・三種の神器」を携えてご来局される方も多くいらっしゃいます。そうなるといくら漢方薬で対応しても、薬効を相殺されてしまい十分な効果が期待できなくなってしまいます。


まず、冷え性(冷え症)の方は「毛糸の靴下」「下着の上に毛糸のパンツ」「腹巻」という「保温・三種の神器」がお勧めです。その他にもカーディガンや毛布などを持ち歩くと外出時のクーラー対策にもなります。これは夏場の予期せぬクーラーにも有効です。


他にもぬるめのお風呂に長く浸かるといった方法も冷え性(冷え症)には有効です。熱過ぎるお風呂は長く浸かっていられないので結果的には身体の芯まで温まらなくなってしまいますので注意してください。さらにシャワーは身体の汚れを落とすものであり、温めるものではありませんので冬だけではなく夏もしっかりと湯船に浸かることをお勧めいたします。


子宮筋腫の改善例


患者は30代後半の女性・公務員。高校生の頃から生理が不順で社会人になってからは強烈な生理痛にも悩まされ始めました。徐々にご症状が悪化してゆくことに心配になって婦人科を受診すると直径約3cmの子宮筋腫(粘膜下筋腫)が発見されました。ご症状を引き起こしていた部分の子宮筋腫は手術によって取り除きましたが、それ以外にも切除困難な小さい筋腫がいくつか残っているとのこと。


生理痛はピークほどではないが、寒い時期になるとやはりつらいという。ホルモン療法も追加的に行いましたがほてりとイライラ感の副作用が強く中止へ。鎮痛剤だけでは痛みは緩和されず、以前から漢方薬に興味があったこともあり当薬局にご来局。


お話を伺うと子宮筋腫による生理痛以外にも不正出血や貧血による立ちくらみも気になっているとのこと。さらに顔色の悪さやアザができやすいことなどからこの方は血の滞りである瘀血が原因で強い痛みが起こっていると考えました。そこで当帰、牡丹皮、紅花などの血の流れを改善する生薬にくわえて痛みを抑える働きもある延胡索を含んだ漢方薬を服用して頂きました。


服用から4ヵ月が経過した頃にはやや早めの20日周期だった生理が安定して、痛みもだいぶ緩和されていました。あまり鎮痛剤を使わなくてもすんでいるとのこと。しかし、まだ出血がしばしばあるということで血を補う地黄、芍薬、出血を抑える艾葉などから構成される漢方薬を併用して頂くことにしました。


そうして7ヵ月が経つ頃には不正出血もおさまり、それに伴って貧血傾向も改善。問題であった子宮筋腫も大きくなることなく安定しており、痛みもすっかり無くなっていました。この方は再発予防と健康維持の意味合いも含めて漢方薬の服用を継続されています。


おわりに


子宮筋腫はつらい生理痛や不正出血などが定期的に訪れることから、日常生活において支障が大きい病気といえます。症状だけではなく子宮筋腫は不妊症の原因にもなる代表的な病気でもあるので、顕著な症状がなくてもお子様をご希望の方には大きな問題です。


当薬局では生理痛を中心とした子宮筋腫の症状が漢方薬の服用によって好転する方がとても多くいらっしゃることから、子宮筋腫と漢方薬とは「相性」が良いと実感しています。是非一度、子宮筋腫にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

【 子宮内膜症(子宮腺筋症を含む) 】と漢方薬による治療

子宮内膜症とは


子宮内膜とはしばしば「受精卵のベッド」と表現され、受精卵を子宮内に安定して維持し、成長させるために必要なものです。子宮内膜症では子宮内膜組織が本来あるべき子宮内以外の部分(子宮筋層、卵巣、腹腔、大腸、小腸、膀胱、肺など)で発生し、増殖してしまう病気です。一般的に20~40代の女性に多い病気といわれて、妊娠可能な女性の約10%ほどが患っているといわれています。


通常、子宮内膜は受精卵がなければ不要なものとされ周期的に子宮から剥がれおちます。これが生理の際の出血であり経血です。子宮内膜症においては子宮外に子宮内膜組織が増殖してしまうため、うまく経血として体外に排出できません。異常な出血や他臓器などへの癒着、さらには子宮本来の働きを悪くさせてしまうので子宮内膜症は不妊症やつらい生理痛(月経困難症)を引き起こしてしまいます。


子宮内膜症の原因


なぜ子宮内膜症が起こるのか明確な原因はわかっていません。しかし、有力な説としては経血に含まれている子宮内膜組織がうまく体外に排出されず子宮内外に残留してしまうことが原因とされています。


子宮内膜症の原因が不明な一方で、女性ホルモンのエストロゲン分泌量と子宮内膜症の発生は正比例することが知られています。初経の低年齢化にくわえて出産回数の減少による月経回数の増加は子宮内膜症患者の増加と関連が指摘されています。


子宮内膜症の症状


子宮内膜症の主な症状は生理痛(月経困難症)、性交痛、排便痛、下痢や軟便、不正出血、出血過多、不妊症などが挙げられます。これら子宮内膜症の症状は子宮内膜組織がどの部位で増殖するかによって異なりますが、生理痛(月経困難症)はほぼすべての女性に共通している症状です。


子宮腺筋症とは


子宮腺筋症は子宮内膜組織が子宮筋層において異常増殖した場合の病名です。つまり子宮腺筋症は子宮内膜症の仲間のような病気ということができます。子宮筋層で子宮内膜組織が無秩序な増殖と出血を繰り返すことでつらい痛みを起こし、経血過多や生理期間が延びやすくなります。一方で子宮内膜症と比較すると不妊症の原因にはなりにくい傾向があります。


子宮腺筋症は30~40代の出産経験者、つまり子宮内膜症患者よりも好発年齢がやや高い年齢層に多いとされています。さらに生理回数が増えるごとに症状(生理痛など)が悪化しやすく、その傾向は子宮内膜症よりも顕著です。子宮腺筋症はしばしば子宮筋腫を合併することもわかっています。子宮筋腫に関しては 子宮筋腫と漢方薬による治療もご覧ください。


チョコレート嚢胞(のうほう)とは


子宮内膜組織が卵巣において増殖と出血を繰り返した結果、徐々に卵巣内部に固まった血液がたまりチョコレートのような塊が生まれることがあります。この血液の塊がチョコレート嚢胞です。チョコレート嚢胞は卵巣機能を低下させる原因となるので不妊症の原因のひとつといえます。チョコレート嚢胞に関しては卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞などを含む)と漢方薬による治療もご覧ください。


子宮内膜症の西洋医学的治療法


子宮内膜組織は女性ホルモンのエストロゲンの支配をうけながら増殖と出血を繰り返します。したがって、子宮内膜症の治療にはエストロゲンの分泌量を下げる低用量ピルなどを用いたホルモン療法が一般的です。


しかしながら、ホルモン療法は人工的に更年期を生み出すようなものなのでのぼせやほてり、発汗、動悸、めまい、イライラ感などの更年期障害のような副作用が起こることもあります。さらにホルモン療法を含めた薬物療法で対応が難しい場合は子宮の一部や全体を切除する手術も選択されます。


子宮内膜症の漢方医学的解釈


漢方医学的には強い生理痛(月経困難症)をもたらす子宮内膜症は瘀血(おけつ)と呼ばれる血の滞りによって生まれるものと考えます。瘀血が生じるとその部分に刺すような痛みや不正出血などが起こりやすくなります。


この血の滞りが起こる原因はいくつか考えられます。まず血を動かして身体中を循環させているのは気の働きです。気が何らかの影響で不足したり気も滞ってしまった場合、気が持っている力が充分に発揮されず血も滞って瘀血が生まれてしまいます。気のトラブル以外にも冷えによっても血の流れは悪くなってしまうので、冷え性(冷え症)を改善することは非常に大切です。


さらに津液の滞りや血の不足なども瘀血の形成には関与しますので、子宮内膜症には十人十色の複合的な原因があるといえるでしょう。したがって、個々人の体質や症状などから慎重に原因と治療法を決定する必要があります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた子宮内膜症の治療


子宮内膜症治療の中心になるのは血の流れを改善する生薬(活血薬)を含む漢方薬になります。活血薬には桃仁、当帰、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索などが挙げられます。特に延胡索は優れた鎮痛効果を発揮し、当帰は血を補う力も強いので血が不足している方の子宮内膜症にとても有効です。


血を動かしているのは気でしたので、気に対応した漢方薬も子宮内膜症治療に用いられます。疲労感、身体の重だるさ、食欲不振、息切れなどの気の不足が顕著なら気を補う生薬(補気薬)である人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などが用いられます。精神的ストレスなどを受けて気の流れが悪くなっている場合、気の流れを改善する生薬(理気薬)である柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子なども必要になってきます。


さらに冷え性(冷え症)があると血の流れが悪くなるので身体を温める生薬(散寒薬)である桂皮、乾姜、細辛、呉茱萸、附子も検討されます。このように子宮内膜症に用いられる漢方薬は活血薬を中心としつつ、その方の症状や体質によって様々に変化してゆきます。


生活面での注意点と改善案


当薬局にご来局される子宮内膜症を患っている女性のほぼすべてに共通しているのが冷え性(冷え症)です。冷えは血流を悪くしてしまうのでつらい生理痛を起こしやすくなります。まずはこれ以上身体を冷やさないようにすることが大切になります。


服装に関しては特に冬の服装、ファッション重視の薄着は問題になりがちです。以前、「ファッションは我慢」という言葉を聞いて妙に納得したことを記憶しています。しかし、金銭面の我慢ならともかく、健康に問題が出てきては我慢している場合ではありません。


しばしば、「生足」「へそ出し」「ノースリーブ」という「冷え性(冷え症)・三種の神器」を携えてご来局される方も多くいらっしゃいます。そうなるといくら漢方薬で対応しても、薬効を相殺されてしまい十分な効果が期待できなくなってしまいます。


まず、冷え性(冷え症)の方は「毛糸の靴下」「下着の上に毛糸のパンツ」「腹巻」という「保温・三種の神器」がお勧めです。その他にもカーディガンや毛布などを持ち歩くと外出時のクーラー対策にもなります。これは夏場の予期せぬクーラーにも有効です。


他にもぬるめのお風呂に長く浸かるといった方法も冷え性(冷え症)には有効です。熱過ぎるお風呂は長く浸かっていられないので結果的には身体の芯まで温まらなくなってしまいますので注意してください。さらにシャワーは身体の汚れを落とすものであり、温めるものではありませんので冬だけではなく夏もしっかりと湯船に浸かることをお勧めいたします。


子宮内膜症の改善例


患者は30代後半の女性・塾講師。生理痛は学生時代から強く経血量も多いと思ってはいましたが、なかなか友人などと比較する機会もないので社会人になっても「こんなものだろう」と思い放置していました。


しかし、結婚後に受けた自治体の検診で子宮内膜症(厳密には子宮腺筋症でした)とチョコレート嚢胞が発見されました。両者とも手術の適応ほどではなかったのでホルモン療法を勧められましたが、妊娠を希望していたので鎮痛剤で様子を見ることに。しかし、結婚4年目でも妊娠できず、依然としてつらい生理痛と不正出血に不安となり当薬局にご来局。


この方の顔色は青白く、貧血のために立ちくらみや疲労感も目立っていました。そこでまず血を補う地黄や芍薬、血を巡らす当帰、出血を抑制する阿膠や艾葉などから構成される漢方薬を服用して頂きました。漢方薬を服用し始めて約4ヵ月が経過する頃には以前より疲労感が軽減し、生理痛や出血量が落ち着いてきました。


さらに数ヵ月が経つと延びがちだった生理周期もほぼ30日周期に安定化し、病院での定期検診でもチョコレート嚢胞の縮小が見られました。この頃から妊娠しやすい身体づくりにシフトしたいという要請があり、漢方薬の基本形はそのままに、妊娠に必要な精を補う鹿茸を含んだ生薬製剤を追加。その後、季節やご症状を見ながら調節を繰り返し、漢方薬服用から約2年が経過した頃に妊娠されました。


この方は悪阻(つわり)がとても強かったので、それに対応する漢方薬を頓服で服用しながら無事に出産。出産を機に子宮内膜症の症状自体もさらに軽減しましたが、現在も体力維持の目的もかねて漢方薬を継続服用されています。


おわりに


子宮内膜症はつらい生理痛や不正出血など、日常生活に支障をきたしやすい症状が多いという特徴があります。それ以外にも卵巣機能を低下させるチョコレート嚢胞などは不妊症の原因にもなりますので将来を考えて放置は危険です。


当薬局では子宮内膜症の症状が漢方薬の服用によって好転する方がとても多くいらっしゃることから、子宮内膜症と漢方薬とは「相性」が良いと実感しています。子宮内膜症でお悩みの方は是非一度、当薬局にご来局くださいませ。

【 卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞などを含む) 】と漢方薬による治療

卵巣嚢腫とは


卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは卵巣になんらかの液体が溜まって腫れている状態であり、その経過は比較的良好なものと定義されます。卵巣嚢腫の「嚢腫」とは良性腫瘍の影響で水分がたまり嚢胞状になったものを指します。


「嚢腫」と似た言葉に「嚢胞(のうほう)」が存在ます。嚢胞とは腫瘍が関与していない出血なども含めて、何らかの液体がたまって嚢胞状となったものとされます。したがって、それぞれ似てはいますが厳密には異なった病態といえます。


しかし、両者が「卵巣になんらかの液体が溜まって腫れている状態」であり、経験的に両者とも「経過は比較的良好」であることが知られています。このような経緯から、卵巣嚢腫には嚢胞性腫瘍である漿液(しょうえき)性嚢胞腺腫、粘液性嚢胞腺腫、成熟嚢胞性奇形腫、さらに非腫瘍であるチョコレート嚢胞や多嚢胞性卵巣も含まれることになります。


卵巣嚢腫なのに「嚢腫」ではない「嚢胞」も含まれてしまうことに違和感を覚えますが、上記のややアバウトな定義に従うならこのようなことになってしまいます。なお、卵巣で起こる悪性の腫瘍はしばしば卵巣癌と呼ばれ区別されます。


卵巣嚢腫の症状


卵巣嚢腫の主な自覚症状は下腹部痛、腹部の張り感、腹部の肥大化、腹水、腰痛、性器不正出血、便秘、頻尿などが挙げられます。しかし、人によってはこれらの自覚症状があまり出てこないケースもあり、婦人科系疾患の定期検診ではじめて卵巣嚢腫が発見されることもしばしばです。


卵巣嚢腫の西洋医学的治療法


基本的には手術が選択されます。卵巣嚢腫のサイズが小さいものならば腹腔鏡を用いた摘出手術が可能であり、ある程度の大きさ以上の場合は開腹による手術が適用されます。


卵巣嚢腫の漢方医学的解釈


漢方医学的に卵巣嚢腫は瘀血(おけつ)と呼ばれる血の滞りと津液の停滞である水湿が絡んだ病気と考えることができます。瘀血が生じるとその部分に刺すような痛みや不正出血などが起こりやすくなります。水湿が顕著な場合は重く鈍い痛みが現れやすいです。


卵巣嚢腫の元凶ともいえる血の滞り、瘀血が起こる原因はいくつか考えられます。まず血を動かして身体中を循環させているのは気の働きです。気が何らかの影響で不足したり気も滞ってしまった場合、気が持っている力が充分に発揮されず血も滞って瘀血が生まれてしまいます。気のトラブル以外にも冷えによっても血の流れは悪くなってしまうので、冷え性(冷え症)を改善することは非常に大切です。


さらに水湿や血の不足なども瘀血の形成には関与しますので、卵巣嚢腫には十人十色の複合的な原因があるといえるでしょう。したがって、個々人の体質や症状などから慎重に原因と治療法を決定する必要があります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた卵巣嚢腫の治療


卵巣嚢腫治療の中心になるのは血の流れを改善する生薬(活血薬)を含む漢方薬になります。活血薬には桃仁、当帰、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索などが挙げられます。特に延胡索は優れた鎮痛効果を発揮し、当帰は血を補う力も強いので血が不足している方の卵巣嚢腫にとても有効です。


血を動かしているのは気でしたので、気に対応した漢方薬も卵巣嚢腫治療に用いられます。疲労感、身体の重だるさ、食欲不振、息切れなどの気の不足が顕著なら気を補う生薬(補気薬)である人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などが用いられます。精神的ストレスなどを受けて気の流れが悪くなっている場合、気の流れを改善する生薬(理気薬)である柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子なども必要になってきます。


水湿に対してはそれらを除去する生薬である蒼朮、沢瀉、猪苓、茯苓などの利湿薬が用いられます。さらに冷え性(冷え症)があると血の流れが悪くなるので身体を温める生薬(散寒薬)である桂皮、乾姜、細辛、呉茱萸、附子も検討されます。


このように卵巣嚢腫に用いられる漢方薬は活血薬や利湿薬を中心としつつ、その方の症状や体質によって様々に変化してゆきます。


生活面での注意点と改善案


当薬局にご来局される卵巣嚢腫を患っている女性のほぼすべてに共通しているのが冷え性(冷え症)です。冷えは血流を悪くしてしまうのでつらい生理痛を起こしやすくなります。まずはこれ以上身体を冷やさないようにすることが大切になります。


服装に関しては特に冬の服装、ファッション重視の薄着は問題になりがちです。以前、「ファッションは我慢」という言葉を聞いて妙に納得したことを記憶しています。しかし、金銭面の我慢ならともかく、健康に問題が出てきては我慢している場合ではありません。


しばしば、「生足」「へそ出し」「ノースリーブ」という「冷え性(冷え症)・三種の神器」を携えてご来局される方も多くいらっしゃいます。そうなるといくら漢方薬で対応しても、薬効を相殺されてしまい十分な効果が期待できなくなってしまいます。


まず、冷え性(冷え症)の方は「毛糸の靴下」「下着の上に毛糸のパンツ」「腹巻」という「保温・三種の神器」がお勧めです。その他にもカーディガンや毛布などを持ち歩くと外出時のクーラー対策にもなります。これは夏場の予期せぬクーラーにも有効です。


他にもぬるめのお風呂に長く浸かるといった方法も冷え性(冷え症)には有効です。熱過ぎるお風呂は長く浸かっていられないので結果的には身体の芯まで温まらなくなってしまいますので注意してください。さらにシャワーは身体の汚れを落とすものであり、温めるものではありませんので冬だけではなく夏もしっかりと湯船に浸かることをお勧めいたします。


卵巣嚢腫の改善例


患者は20代後半の女性・団体職員。中学生の頃から生理痛が強く悩んでいましたが、特に婦人科を受診することなく過ごしていました。社会人になっても市販の鎮痛薬を服用していましたが、下腹部痛だけではなく生理後に必ず性器不正出血も起こるようになりあわてて婦人科を受診。そこで卵巣嚢腫の一種であるチョコレート嚢胞と診断されました。


くわしい検査の結果、チョコレート嚢胞の大きさはまだ小さかったので手術は行わずまずは経過を見ることに。高校時代にニキビ治療の漢方薬を服用してうまくいったことを思い出し、漢方薬を使ってみようと考えて当薬局にご来局。


詳しくご症状を伺うと生理痛にくわえて生理不順、不正出血による貧血、それによると考えられる立ちくらみもあるとのこと。顔色が悪いでだけではなく、声に元気がなく全体的に弱々しい印象。


この方にはまず血を補う生薬と血をうまく流す生薬から構成される漢方薬を服用して頂きました。漢方薬を服用し始めてから5ヵ月が経った頃には生理痛も緩和され、不正出血も減少したので立ちくらみも無くなっていました。薄暗かった顔色もすこし紅みのある鮮やかな肌色へ。


この頃からチョコレート嚢胞を局所的な水湿と捉えて余分な水分の代謝を促す生薬をより含んだ漢方薬に変更しました。この判断はこの方が下肢に強いむくみがあり、慢性的に両脚に重だるさを感じていたことも後押ししました。新しい漢方薬に変更して8ヵ月が経過した頃には生理周期もほぼ28日周期に固定され、むくみと一緒に生理痛も無くなっていました。


その後の定期検診でもチョコレート嚢胞は縮小して自然に消滅が期待できるレベルにまで落ち着いていたとのこと。この方はその後も予防的に漢方薬を体調に合わせて微調節しながら継続服用して頂いています。


おわりに


卵巣嚢腫はつらい生理痛や不正出血など日常生活に支障をきたしやすい症状が多いという特徴があります。それ以外にも卵巣機能を低下させるチョコレート嚢胞などは不妊症の主要な原因にもなりますので放置は将来を考える上で危険です。


当薬局では卵巣嚢腫の症状が漢方薬の服用によって好転する方がとても多くいらっしゃることから、卵巣嚢腫と漢方薬とは相性が良いと実感しています。卵巣嚢腫を患われている方は是非一度、当薬局にご来局くださいませ。

【 更年期障害 】と漢方薬による治療

更年期障害とは


更年期障害は更年期、つまり性成熟期から生殖不能期への移行段階に起こる自律神経失調症状を指します。日本人女性の場合、個人差はありますが45~55歳の10年間で更年期となることが多いです。


更年期障害の原因は卵巣機能の低下にあります。より厳密には卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの減少によります。ホルモンとは非常に微量でありながら極めて多彩なはたらきを行なう物質です。エストロゲンもその例にもれず、とても多くの働きを担っています。そのようなエストロゲンが急激に減少してしまうことによって起こる不快症状が更年期障害なのです。


更年期障害の症状


更年期障害によって現れる症状は心身両面におよび、非常に個人差の大きいことが知られています。その中でも年期障害の代表的な症状としてはホットフラッシュ(突然起こるのぼせ感と発汗)、動悸、めまい、頭痛、頭や身体の重だるさ、肩こり、体重の増加、皮膚表面の不快感や乾燥、不眠、イライラ感や意欲の低下などが挙げられます。


特にホットフラッシュは更年期障害において最も起こりやすい症状といえるでしょう。これらの症状以外にもエストロゲンは骨形成にも関与しているのでその低下によって骨粗鬆症も起こりやすくなります。


このような更年期障害によって起こる症状はしばしば移り変わり、強弱も変動しやすいことが知られています。それが極端になると患っているご本人も自分にはどのような症状があるのかわからなくなってしまうこともあるほどです。したがって、中年女性の不定愁訴(検査では異常がないのに起こる多くの症状)には更年期障害が関係していることが多いです。


更年期障害の西洋医学的治療法


更年期障害の原因はエストロゲンの低下でしたので、その治療にはエストロゲン補充療法が主に行われます。精神症状が顕著な場合には、さらに精神安定薬も使用されます。エストロゲン補充療法は「減っているものを補う」という非常にシンプルなものですが、その調整はなかなか難しく女性特有の癌(乳癌など)の発生頻度を上昇させてしまう可能性もありますので慎重に行われます。


更年期障害の漢方医学的解釈


漢方医学の古文書である素問(そもん)によると女性は49歳になると妊娠をつかさどる任脈と月経をつかさどる衝脈が弱くなり、天葵(女性ホルモンのような物質)が枯れてしまうと記述されています。素問に記載されている年齢やその記述内容から、古代より更年期の存在が知られていたことがわかります。


人間は加齢とともに身体を構成する気・血・津液が徐々に減少してゆきます。このなかでも気は陰陽論において熱性の陽に分類され、血と津液は冷性の陰に分類されます。陰と陽はそれぞれが依存し合いながら牽制もしています。


体質や病気などによって血と津液が偏って減少してしまうと相対的に気の持つ熱性の存在感が高まってしまいます。この状態こそが更年期障害の原因と漢方では考えます。更年期障害によるホットフラッシュやイライラ感などはこの相対的に高まってしまった熱による症状といえます。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた更年期障害の治療


漢方からみた更年期障害の原因は血や津液の偏った減少でした。したがって、治療には補血や生津を行う漢方薬がもちいられます。くわえてホットフラッシュやイライラ感といった症状が目立つ場合は熱を鎮める生薬も使用されます。


血を補う生薬は補血薬といわれ、具体的には地黄、当帰、芍薬、阿膠、酸棗仁、竜眼肉などが挙げられます。津液を補う生津薬には麦門冬や天門冬が代表的です。これらを中心にしつつ、黄芩や黄連といった熱を冷ます生薬が症状によって選択されることになります。


更年期障害は気・血・津液のバランスの崩れ方によって現れる症状も異なります。さらに元々の体質は個人によって大きな差があるので、漢方薬も細かく調節することがとても大切になります。


更年期障害の改善例


患者は50代前半の女性・専業主婦。数年前に閉経した頃から日常的なイライラ感に悩まされており、家族にあたることも多くなったと感じていました。その他にも強いホットフラッシュ(ほてり感と発汗)や不眠を中心に貧血による立ちくらみや肌の乾燥なども気になるとのこと。


この方には血を補う地黄を含んだ漢方薬に加えて、気の流れを整える柴胡や薄荷、熱を清める牡丹皮や山梔子などから構成される漢方薬を併用して頂きました。服用して4ヵ月程度が経過した頃からイライラ感と顔のほてりが落ち着いてきたとのこと。調子も良かったので同じ漢方薬を継続することを決め、さらに3ヵ月が経つとほとんどの不快症状は消失していました。


しかしながら、まだ不眠だけが変化なく残っていました。そこで血を補う生薬のなかで睡眠状態を改善する力を持った酸棗仁を含んだ漢方薬に変更しました。それから3ヵ月が経過すると、眠りの浅さも気にならなくなり無事に漢方薬を卒業されました。


おわりに


更年期障害の症状は多彩であり、長きにわたって継続しやすい点などから日常生活への支障は大きいものといえます。ホルモンの補充療法による効果も個人差が多く、コントロールが難しい場合もしばしばです。


漢方薬の場合、更年期障害による身体症状と精神症状を一体的に改善することができます。現れている症状によって微調節も行えることから漢方薬と更年期障害は相性が良いといえます。更年期障害にお困りの方は是非、当薬局へご来局ください。

【 月経前症候群(PMS) 】と漢方薬による治療

月経前症候群(PMS)とは


月経前症候群とは月経(生理)の7~10日くらい前に起こる不快な身体症状と精神症状を指します。しばしば英語表記のPremenstrual Syndromeの略であるPMSや月経前緊張症とも呼ばれます。最近は「月経前症候群」という名前より「PMS」という略称の方が市民権を得ている感があります。


月経前症候群は腹部や胸の張り、頭痛や腹痛などの身体症状と憂うつ感やイライラ感などの精神症状が現れます。このような月経前症候群による症状は周期的な女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)分泌量の変動によって起こるといわれており、月経がはじまると徐々に消えてゆくという特徴があります。


月経前症候群は決して珍しいものではなく正常な生理周期を保っている女性の約半数が患っているともいわれるほどです。月経前症候群の特徴として身体症状と精神症状を含む点が挙げられますが、精神症状が特に強く現れるタイプを月経前不快気分障害(PMDD)と呼び区別する場合もあります。


月経前不快気分障害(PMDD)とは


月経前不快気分障害とは月経前症候群の中でも特に精神症状が強く現れるタイプを指します。英語表記のPremenstrual Dysphoric Disorderの略であるPMDDや月経前不機嫌性障害とも呼びます。


まだくわしく月経前不快気分障害の原因は明らかにされていませんが、月経前症候群と同じく女性ホルモンの分泌量の変化やセロトニンという神経伝達物質の減少によって引き起こされていると推測されています。月経前不快気分障害に関しては 月経前不快気分障害(PMDD)と漢方薬による治療のページをご覧ください。


月経前症候群(PMS)の原因


月経前症候群も月経前不快気分障害も月経直前に起こる女性ホルモン分泌の急激な低下が原因と考えられています。そもそも女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは受精卵を受け止める子宮内膜を成長させる働きを担っています。しかし、受精卵が現れないと豊かな子宮内膜は不要です。そこで女性ホルモンの分泌は急激に低下して、栄養不足になった子宮内膜は崩壊し、それが月経となります。


したがって、月経前症候群は子宮内膜を更新するための工程で起こってしまう不快症状とも考えられます。しかし、上記でも述べたとおり月経前症候群は月経が起こるすべての女性に起こっていない点からも女性ホルモンの急激な減少以外にも原因があるとも考えられています。


月経前症候群(PMS)の症状


繰り返しになりますが月経前症候群は多彩な身体症状と精神症状を含んでいます。そもそも女性ホルモンに限らずホルモンは身体内において極めて微量でありながらとても多くの生理活性を示す物質です。そのようなホルモンの特性によって、女性ホルモンの変動は子宮内膜の更新という「ミクロな作用」だけではなく身体全体に大きく影響を及ぼします。


具体的な月経前症候群における身体症状としては腹部や胸の張り、むくみ、頭痛、腹痛、腰痛、身体の重だるさ、疲労感、食欲不振や吐気、下痢や便秘、めまいなどが挙げられます。精神症状としては気力や集中力の低下、短気、不安感、憂うつ感、不眠、過剰な緊張、興奮、感情の激しい上下などが代表的です。このような精神症状が身体症状と比較して強く出る場合、上記でも挙げました月経前不快気分障害(PMDD)に当たると考えられます。


月経前症候群には多彩な症状が含まれますが個々人によってその症状の内容は異なり、症状が現れる頻度や強さもまた異なります。月経前症候群に加えて生理中から生理後にかけて生理痛や出血が強く現れてしまう方の場合、1ヵ月間のうち半分以上の期間で不快な症状に苦しめられてしまうことになります。


月経前症候群(PMS)の西洋医学的治療法


月経前症候群の明確な原因がわかっていないために治療はどうしても対処療法的になってしまいます。最も一般的な治療法は低用量ピルを用いたホルモン療法になります。それ以外に頭痛や下腹部痛などに対しては鎮痛薬、精神症状に対しては抗不安薬などが用いられます。


治療とは異なりますが、カフェインを含んだ食品や飲物(コーヒー、チョコレート)、むくみを悪化させる塩分の高い食品、アルコールなどを控えることで症状の軽減を図ることができます。その他にもウォーキングや水泳などの運動も有効です。


月経前症候群(PMS)の漢方医学的解釈


月経前症候群には主に気の滞りである気滞と血の滞りである瘀血が関与していると考えられます。気と血はお互いに強く関連しあっているので片方の問題(滞りや不足など)はすぐにもう片方に悪影響を及ぼしてしまいます。つまり、気滞と瘀血はしばしばセットで現れやすいのです。


まず精神的ストレスなどを原因として起こりやすい気滞の症状も大きく身体症状と精神症状に分けられます。前者としては胸や喉の閉塞感、胸や腹部の張り感、腹痛、下痢や便秘などの排便異常、吐気やゲップ、食欲不振、胸痛や腹痛などが挙げられます。精神症状にはイライラ感、憂うつ感、短気、不眠などが起こりやすいです。


血は気の力によって身体を巡っています。したがって、気の流れが滞ることによって気が持つ力が充分に発揮されないと血もまた滞ってしまいます。血の滞りによって起こる症状は顔色の暗色化、鋭い頭痛、肩凝り、冷えのぼせ、生理不順や生理痛、不正性器出血などが代表的です。


したがって月経前症候群において精神症状が強いケース、月経前不快気分障害(PMDD)のケースでは気滞の状態が強く出ていると考えられます。さらに月経前症候群に加えて、生理中や生理後も腹痛や不正性器出血に悩まされる方のケースでは瘀血の状態がより深いといえるでしょう。


気と血の問題以外にもむくみ、めまい、吐気、食欲不振、重だるさなどが強い場合は津液の滞りである水湿などの関与も考えられます。このように生理前症候群を漢方医学的に見てゆく場合、気血の状態を中心に捉えつつ全身で起こっている症状をしっかり考慮に入れる必要があります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた月経前症候群(PMS)の治療


月経前症候群の多くのケースにおいて気の滞りと血の滞りが深く関係しています。したがって、月経前症候群の治療にはうまく巡っていない気と血の流れをスムーズにすることが大切になります。


まず血を流す生薬(活血薬)には当帰、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索などが挙げられます。もし月経前症候群にくわえて不正性器出血もみられる場合は血を補う力にも優れている当帰、生理痛が強い場合には鎮痛効果も高い延胡索がしばしば用いられます。


気を巡らす生薬(理気薬)には柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子などが代表的です。香附子には気を巡らすだけではなく鎮痛効果や生理を整える働きもありますので月経前症候群に加えて生理不順や生理痛がある場合に適しています。


基本的にはこのような活血薬と理気薬を上手く組み合わせた漢方薬が月経前症候群の治療に用いられることになります。しかし、月経前症候群の病態は個人差が多いので気自体が不足していれば気を補う生薬、水湿があるようなら津液を巡らす生薬を含んだ漢方薬も検討されます。このように月経前症候群という病名だけで用いられる漢方薬が決定されることは無く、あくまでも現れている症状や体質に則した形の漢方薬が用いられます。


月経前症候群(PMS)の改善例


患者は30代前半の女性・ピアノ講師。いつも生理の1週間前頃から急激に気力と意欲がなくなり、レッスンに集中できなくなってしまうという。生徒にピアノを教える今の仕事は「接客業」でもあるので、生徒に迷惑をかけないようになんとか力を振り絞って対応していたという。


生理が始まると今度は胸の張り感や下腹部痛がつらくなり、1ヵ月のうち半分以上で不調な状態となってしまっている。婦人科で鎮痛薬と軽い抗不安薬を処方されましたが、痛みはとれるものの、代わりに起こる眠気や頭の重さで仕事が手につかなくなってしまう。婦人科からは低用量ピルの服用も勧められましたが抵抗を感じ、漢方薬を試してみようと当薬局にご来局。


詳しくご様子を伺うと生理前の不調に加えて慢性的な疲労感にも悩まされているとのこと。さらに最近は眠りが浅く、よく夢を見る。生理が始まると下腹部にひねられるような強い痛みが起こり、やはりレッスンに集中できなくなってしまう。


この方にはまず、気滞による精神症状を解消するために柴胡、香附子、そして血を流す芍薬、桃仁などから構成される漢方薬を服用して頂きました。それに加えてカフェインを含む食品や飲み物を控えて頂き、お風呂にもぬるめにゆっくりと浸かって頂くようお願いしました。


漢方薬を服用し始めて4ヵ月が経つと、よく眠れるようになり疲労感が軽減してきたとのこと。生理痛も鎮痛剤を使わなくても過ごせる月があり、だいぶ仕事も含めて生活が楽になったとおっしゃられていました。全体的に回復傾向だったので同じ漢方薬をご本人も希望されました。


それからまた3ヵ月が経過した頃には生理前に起こっていた気力減退の「幅」も縮まり、毎日のレッスンに支障が出ることはなくなりました。つらい胸の張り感や肩こりもなくなりPMSと考えられるご症状はほぼ緩和しました。この方は漢方薬を服用していると「職業病」である肩凝りや首筋の凝りも改善するということで継続服用して頂いています。


おわりに


最近は「PMS」という言葉も広がり、当薬局にいらっしゃった方が開口一番「PMSに悩んでいるんです」と訴えられることもしばしばです。月経前症候群は長いケースでは生理前の2週間くらいの期間、つらい症状に悩まされます。もし生理後の不調(生理痛や出血過多など)も重なってしまうとQOL(生活の質)は大きく低下してしまいます。


漢方薬は西洋薬では対応しきれないより根本的な原因に対応することができるものです。当薬局では西洋薬を使用してもなかなか改善が見られなかった方がしばしば来局されます。そして漢方薬を服用し始めてから、月経前症候群による気分の沈みやイライラ感などの症状が少しずつとれてくることから月経前症候群と漢方薬は「相性」が良いと実感しています。是非一度、月経前症候群にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

【 月経前不快気分障害(PMDD) 】と漢方薬による治療

月経前不快気分障害(PMDD)とは


月経前不快気分障害とは生理前の数日前から重い精神症状などを引き起こす病気です。この精神精神症状の内容は気分の沈み、不安感、緊張感、そしてイライラ感など幅広いものであり、日常生活に大きな支障をきたしてしまうレベルの強いものです。月経前不快気分障害はその英語表記のPremenstrual Dysphoric Disorderの略であるPMDDや月経前不機嫌性障害とも呼びます。


月経前不快気分障害(PMDD)と似た病気に月経前症候群(PMS)が存在します。月経前症候群(PMS)は月経前不快気分障害(PMDD)と同様に生理前に現れる心身の体調不良を起こす病気です。両者は共通点も多く非常に似た病気ですが、月経前不快気分障害(PMDD)は月経前症候群(PMS)と比較して精神症状がより顕著な病気といえます。月経前症候群(PMS)に関しては月経前症候群(PMS)の漢方薬を用いた治療をご覧ください。


月経前不快気分障害(PMDD)の原因


月経前不快気分障害(PMDD)の明確な原因はまだ分かっていませんが、女性ホルモンの異常や神経伝達物質のセロトニン減少が関係しているという説が有力視されています。その一方でなぜセロトニンの減少が生理周期と連動して起こるのかなど不明な点もまだ数多くあります。


月経前不快気分障害(PMDD)の症状


月経前不快気分障害(PMDD)の特徴的な症状して重い精神症状が挙げられます。この重い精神症状は生理前に現れ、生理が始まる頃には消失します。多くの場合、症状は生理の7~10日前から現れだすといわれています。


気分の上下が激しい月経前不快気分障害(PMDD)でも月経前症候群(PMS)のように身体症状(主には疲労感、ほてり感、胸の張りや痛み、頭痛、腹痛、下痢や便秘、むくみなど)が見られる場合もあります。一方で月経前不快気分障害(PMDD)の中心は重篤な精神症状であり、その内容としては上記でも既に挙げたような気分の乱高下にくわえて食欲不振や過食、集中力や気力の低下、不眠症なども含まれます。


月経前不快気分障害(PMDD)の西洋医学的治療法


月経前不快気分障害(PMDD)の治療には気分を安定させる薬、特にセロトニンのはたらきを高めるSSRIと呼ばれる薬が用いられます。精神症状にくわえて身体症状も見られる場合は鎮痛薬や便秘薬などが適宜用いられます。


月経前不快気分障害(PMDD)の漢方医学的解釈


月経前不快気分障害(PMDD)を漢方医学の視点から考えると、多くのケースでは気の巡りが悪くなっている肝気鬱結(かんきうっけつ)の状態と捉えることができます。肝気鬱結に陥ると憂うつ感、緊張感、イライラ感などの精神症状にくわえて喉や胸の圧迫感、胸部や腹部の張り痛み、吐気、下痢や便秘といった身体症状が現れます。


肝気鬱結の状態が慢性化すると、滞った気が熱を帯びてより精神症状が重い心肝火旺(しんかんかおう)の状態に移行します。そうなると上記の症状にくわえて不眠症、不安感、焦燥感が顕著となります。気の巡りの悪化はしばしば血の流れも悪くしてしまうので、生理不順や生理痛の症状も現れやすくなります。月経前不快気分障害(PMDD)の症状にくわえて月経困難症などにも悩まされている場合、瘀血(血の滞りの状態)が潜んでいる可能性が高いです。


このように月経前不快気分障害(PMDD)は気の状態の異常を中心としつつ、そこから気や津液の異常にも波及しやすいので、それらの可能性を充分に想定する必要があります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた月経前不快気分障害(PMDD)の治療


漢方薬を用いて月経前不快気分障害(PMDD)の治療を行う場合、気の巡りを改善することが中心となります。さらに精神症状が特に顕著なケースでは滞った気が熱を帯びていると考え、それらを鎮める必要もあります。


まず気の流れを改善する生薬(理気薬)である柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子などを含む漢方薬が月経前不快気分障害(PMDD)治療の中心となります。イライラ感やほてり感といった興奮性の症状が目立つ場合は気の熱を冷ます生薬(清熱薬)の黄連、黄芩、黄柏、山梔子、牡丹皮、知母を豊富に含んだ漢方薬が有効です。不安感や動悸が顕著なら安神薬の牡蛎や竜骨がより適しています。


気の滞りに引きずられて血の流れも悪くなっているケース、瘀血が顕著なケースでは活血薬である桃仁、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索を含む漢方薬が用いられます。月経前不快気分障害(PMDD)の精神症状にくわえて生理痛、生理不順、不正生理出血などがみられる場合は瘀血への対応は必須となります。


月経前不快気分障害(PMDD)は気のトラブルを中心に考えつつ、瘀血への対応なども必要となってきます。気の異常にもさまざまなケースが考えられるので月経前不快気分障害(PMDD)の治療は病名にこだわらず、患っている方の症状や体質に沿って漢方薬を選択する必要があります。


生活面での注意点と改善案


月経前不快気分障害(PMDD)の大きな特徴として生理の数日前から辛い精神症状が現れ、生理が始まる頃になるとスッと症状が消失する点です。つまり他の多くの病気と異なり、ある程度の病状予測がつくことになります。


この点を生かしてできる限り仕事のピークなど、心身に負担のかかるイベントを事前に避ける習慣作りが大切です。くわえて、発症時も無理に通常と同じ効率を求めるとそれが新たなイライラを生んでしまいます。「いつもの60%くらいの力でも仕方がない」というくらいの割り切りも必要になります。


月経前不快気分障害(PMDD)の原因が気の乱れである場合、精神的なストレスはより症状を悪化させる主要因となります。症状が出ていないときから休日や睡眠の時間を確保して、心身両面の余裕を保つことは極めて重要です。


月経前不快気分障害(PMDD)の改善例


患者は30代前半の女性・公務員。学生時代から生理の1週間前から気分の落ち込みが始まり、マイナス思考が止まらないご症状に悩まされていた。後ろ向きな精神状態は生理が始まると嘘のように消えるというサイクルが数年間続いたという。その後、役所に勤めだした頃からは生理前のイライラ感が顕著になり、些細なミスでもその日の業務に支障が出るほどになってしまったという。婦人科から月経前不快気分障害(PMDD)と診断され心療内科を紹介され受診するも、安定剤の吐気とふらつきで治療を断念。当薬局にご来局されました。


よくお話を伺うと学生の頃と同様に生理前になると激しく精神状態が不安定になり、基本的には怒りっぽさが自分でもコントロールできないほどになってしまうとのこと。他にも冷えのぼせや生理痛も気になるという。この方にはまず気の状態を安定させる柴胡や薄荷、血の巡りをよくする当帰や牡丹皮から構成される漢方薬を服用して頂きました。


2ヵ月服用された段階で瘀血が改善されてきたためか生理痛や顔の不快な熱感は半分以下になったとのご報告。一方で月経前不快気分障害(PMDD)特有の強いイライラ感はあまり変化がありませんでした。4ヵ月が経過しても大きな変化がなかったので黄芩、黄連、大黄などの気の過剰な熱を抑える漢方薬に変更へ。


新しい漢方薬に変更後、さらに3ヵ月が経つと生理前のカリカリとした心に余裕がない状態が大きく改善されました。「怒りの沸点がだいぶ高くなった(怒りにくくなった)」とのこと。冷えのぼせや月経困難症もこれまで通り安定していました。その後も月経前不快気分障害(PMDD)による気分の波は意識してコントロールできる水準まで良くなりました。


その後は配置換えでストレスがかかることも多かったそうですが、イライラ感や落ち込み感が顕著に出てくることは減り、仕事もうまくこなせているとのこと。この方には気の巡りの改善を行う漢方薬を中心としつつ、微調節を行いながら服用を継続して頂いています。


おわりに


月経前不快気分障害(PMDD)に悩まされている方は精神状態の乱れだけではなく、生理痛や生理不順、さらには不眠など複数の症状を抱えていることがしばしばです。多くのケースでは生理前の数日間で症状は消えますが、長い人生においてそれらを積み上げれば相当の時間にわたって生活に大きな支障が出ていることになります。


漢方薬による治療は月経前不快気分障害(PMDD)の精神症状にのみ着目するのではなく、心身の崩れたバランスを改善することで幅広い症状の治療を目指します。月経前不快気分障害(PMDD)に悩まれている方は是非、当薬局へご来局くださいませ。

ページ移動

このページの先頭へ